法隆寺宝物館


両国まで来たついで天気も良いので上野まで下町散策しながら歩いてみる。

0462_20170104114412774.jpg

上野の森の国立博物館。初詣のついでに訪れたらしき人や外国人の観光客が多いですね。

0499.jpg

いつか見ようと思って近いからいつでも行けると未だに見ていなかった建築が博物館の奥にひっそりと隠れていました。谷口吉生氏設計の『法隆寺宝物館』。もう築15年になるそうですが久々に建築に感動させられました。

0500.jpg

0504.jpg

0615.jpg

丸亀の猪熊弦一郎現代美術館と似ていて入れ子風に重なった2重の箱にさらにガラスケースの中間領域が挟まれている構成。光と影の面、素材と色使い、完璧なプロポーション、外部周辺の調和、面よりも線が目立つ構成で、谷口吉生氏の美術館もかなりあちこち多く見ていますがこれが最高峰と思います。

0545.jpg

0556.jpg

0576.jpg

0566.jpg

0590_20170104114448a43.jpg

0537.jpg

0539_20170104114431bf1.jpg

中も撮影OKとのことでうれしくてずっと写真ばかり撮ってしまいました。何度でも訪れたいと感じる場所だったのでもう少し人の少ない時に再訪してみようと思います。









2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

江戸東京博物館


お正月1/2は、両国のすみだ北斎美術館に行ったついでにすぐ近くの江戸東京博物館にも初入館。昔に遠くから外観を見たことはあったけれど中に入るのは初めて。それにしても圧倒される巨大なスケールです。中にはファミレスみたいなレストランやお土産屋などが入っていて博物館というよりこれは駅ビルではないかという異様な感じだったので驚きました。



0449_20170104114410358.jpg

この日は常設展入館無料ということもあってか人も大勢入ってます。中の展示がすごいという噂はかねがね聞いていましたが確かにすごい展示量でした。次に行くところもあったので要所だけ見ましたが、内部の巨大空間は外光も入らない閉ざされた人口空間でありながら人も展示も多くて賑わいにあふれていて面白い場所ではありました。

0400.jpg

0423.jpg

この日は年末に新たに入手した中古コンデジのテストも兼ねていろいろと撮影。ジオラマのマクロ撮影にしばし熱中。

0412.jpg






2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

すみだ北斎美術館


今年の正月は久々に実家にも帰らないで時間があったので、1/2から開館しているという最新の話題建築『すみだ北斎美術館』を見てきました。設計は妹島和世氏。昨年末オープンですごく混んでいるという噂でしたが、朝早く行ったので特に並ばずにすぐに入れました(それでも中は人が多かったです)。



公園に面する4階建ての都市型の美術館で、敷地目一杯に建っていて裏側はスーパーと線路、他の面はマンションなどに面しているという、、いかにも下町に建つ美術館という立地です。外壁はフロストのかかったアルミパネルで直方体のボリュームに4方から平面的、立断面的な欠き込みが入って建物を分節していて静謐な印象もありながらも非常にインパクトのある外観です。

0348.jpg

1階は4方からエントランス可能な欠き込みによって4つの部屋に分節されていてその一つのホールから4階の展示室へとアプローチします。階段で3階の展示室へ下り、2階は収蔵庫らしく立ち入りできないようで再びエレベーターによって1階へと降りる動線。ロッカーや授乳室、トイレなどは地下にまとめられていました。都市部の美術館で1階のどこからでも入れるというコンセプトと引き換えに狭くて込み合うミュージアムショップとほとんど利用されてない割に広めのライブラリーとかなり使いにくそうな構成で、特にエレベーターのみによる観覧車の上下移動がちょっと難しいのではないかと感じました。






2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

品川界隈にて


『大崎の家』の計画がはじまって、都心部で込み入った場所なだけに道路の線引きが不明確だったり、意外だったのが埋蔵物包蔵地に指定されていたりして品川区役所にかなりの回数通ったのですが、その道中の気になる建物。

7914.jpg

7912.jpg

中目黒の有名なピッツェリアの姉妹店らしい。一度中に入ってみたいです。


大崎の現場までは区役所から歩いた方が早い距離感。途中には大きな公園もあったので寄り道。

7920.jpg

7922.jpg

7923.jpg

カモにサギ、たくさんの鳥たちとそれを眺める野良猫一匹がツボでした。





2016.12.12 | | Comments(0) | 建物

目黒のTRATTORIAと、恵比寿のアンティークタミゼ


目黒の庭園美術館から恵比寿の写真美術館の間で見た建物。

6643.jpg

TRATTORIAと看板がかかっているこの建物。ものすごく恰好良いと思いませんか?
H型の柱梁の構造は白く、赤いタイルと黄色い塗り壁で塗り分けただけなのですがなんとなくメキシコっぽいです。



恵比寿では一度行きたかったカリスマ骨董屋さんのアンティーク・タミゼにも寄ってみました。15世紀の器とかすごいものがたくさんあって圧倒されますが、木製品とか照明器具とかは割安に思えるようなものも多くて次はしっかり買い物をしに行こうと思います。



2016.10.11 | | Comments(0) | 建物

ボルタンスキーと庭園美術館


三連休は天気もいまひとつで、東京で見たかった展覧会を2つ見に行ってきました。


20年ぶりくらいのような気がする庭園美術館。豊島や越後妻有でいくつか作品を見てきたクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会が行われています。



本館の建物自体も来ない間に大きな改修がなされたようでとても綺麗でした。中は撮影できませんでしたが(平日は撮影OKだそう)、外観がさっぱりしているのに比べてアールデコの装飾の密度がすごかったです。

6603.jpg

新しくできた新館。何の情報もなしに見てこの美しい建物は谷口吉生氏の作品なのだろうと思っていたら設計は久米設計によるものでした。この後に写真美術館でも見た写真家の杉本博司氏が建物のデザインに関係しているようです。

6605.jpg

渡り廊下のガラススクリーン。見たこともないガラスですが倉俣史郎さんの作品などで有名な三保谷硝子店によるものらしいです。

6619.jpg

このカフェは満席でしたが非常に気持ちよさそうです。

6607.jpg

内部のボルタンスキーの作品。

6611.jpg

豊島の映像です。展示室の床に藁を敷き詰めてあってその匂いが印象的でした。

6635.jpg

大木が茂る広大な園内は近くの人たちのオアシスとなっているようでうらやましい限りです。




2016.10.11 | | Comments(0) | 建物

小屋セレクト


夏休みについての長いブログもこれで終わり。瀬戸内芸術祭を中心にアートを見に行ってはいるのですが、瀬戸内の島の風景や特に古い民家や小屋などの方に興味があってたくさん写真も撮ってますので紹介します。トタンや焼杉などが朽ちていく時に見せる美しさ、限られた材料や色の何気ない組み合わせや、緑に覆われていく様子など、とても参考になります。



4306.jpg

4335.jpg

4414.jpg

4443.jpg

4550.jpg

4680.jpg

4853.jpg

4868.jpg

4944.jpg

4986.jpg

4995.jpg

5035.jpg

5079.jpg

5083.jpg

5151.jpg

5162.jpg

5242.jpg

5342.jpg

5466.jpg

5467.jpg

2016.09.07 | | Comments(0) | 建物

妹島和世さんの改修作品(犬島)


犬島の家プロジェクトも作品が増えてます。妹島さんによる最初の建築作品は白壁とアクリルのショーケースの中にビビッドなアートを閉じ込めるという新築の建屋で、犬島の古民家群の中にそんなものを置けばそりゃ目立つだろう、、犬島にいきなり東京を持ち込むようなものだから、、と冷ややかに見ていたのですが、最近建ったものは言い意味で変えてきているようです。古民家をリノベーションしたものを3件ほど見ましたが、いつもの妹島さんらしさをほぼ捨てて犬島の風景になじむものを作ろうとしているようです。(イメージ的にはズントーの作品を連想させます。)建築がやたら目立つことなく中の作品はしっかり浮かび上がる良い場所となっていました。




4214.jpg

4475.jpg


そんな中で妹島さんと関係ないですが近くで気になるものが、、

4225.jpg

植木を刈り込んだものか、それにしては何か変だと近づいてみたところ

4243.jpg

緑に覆われた岩でした。面白いことに神社の祠がその岩に寄り添うように建てられています。山の頂上ですがこれなら強風も避けられて理にかなった建ち方ですね。地元の人らしきボランティアガイドさんに聞いてみたところ石の仕事に従事する人たちのための昔からある神社だそうです。ガイドブックにも紹介されていないのですが面白いものを見ました。




2016.08.17 | | Comments(0) | 建物

閑谷学校再訪


この夏休み中の旅の記録がまだまだ続きます。長い旅だったので写真が多くて紹介する順序がトビトビとなってしまってますが、横浜からはまず犬島を目指したのですが、少し早めに岡山について時間ができたので『閑谷学校』を再訪してきました。前回訪れたのが2009年の夏。http://mizarc.blog28.fc2.com/blog-entry-239.html こちらのブログでレポートしてます。

まったく何も変わっていないのですがやはり静かに落ち着ける場所です。そのうち世界遺産にもなりそう。。春の桜や秋の紅葉にもぜひ訪れてみたいところです。



3861.jpg

4068.jpg




2016.08.17 | | Comments(0) | 建物

旧カニングハム邸(吉村順三設計)


この週末に軽井沢にいて、一人でゆっくり時間をつぶせるカフェを探してみたら
ちょうど良いところがありました。

エロイーズカフェ

見学会の案内をもらっていて、吉村順三氏設計の旧カニングハム邸が改修されて
一般公開されているという情報をすっかり忘れていました。

とても広い別荘が、宴会場のようなホールとカフェ、貸別荘の複合施設に生まれ変わっていて
建物はかなり傷んでいるものの、緩い勾配の大屋根と深い軒のとても美しいプロポーションの
建物でした。

カフェも人が少なく、優雅な別荘ライフを過ごしているような感覚にひたれるよいお店です。
軽井沢の中心に近いのですがアクセスがなかなか面倒な場所で、今のところは穴場の
ようですが、そのうちに並ばないと入れなくなるように思います。オススメ。

3303.jpg



3273.jpg

3259.jpg

3260.jpg

3269.jpg





2016.07.04 | | Comments(0) | 建物

«  | HOME |  »

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori