スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

外壁板金とアクセント板壁


『末吉大通りの家』の現場。

待ってました!。外壁の板金工事がいよいよ始まりました。並行して外壁のアクセントとなる部分に使っているレッドシダーの板壁も始まってます。このまま進んでくれれば来週には足場が取れるかもしれません。



外壁は道路に面する2面はガルバリウムスパンドレル縦張りで、裏側の2面は同じ色のガルバリウム角波板張で仕上げます。

10723.jpg

アクセント壁のレッドシダーは荒々しい表面仕上げのままのものを無塗装で横張とします。レッドシダーなら耐久性も高く無塗装でもうまい具合に経年変化していい色に落ち着いてくれる見込みです。

10721.jpg

内部では木製建具が全て納まり、造作家具を設置中でした。

10727.jpg

4月中旬にはお引っ越しも決まっているので工事もラストスパートです。




スポンサーサイト

2017.03.23 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

クロス張とカーテン打合せ


『末吉大通りの家』の現場。



クロス張がほぼ完成。ビニールクロスはうちの事務所では定番化している白の一番シンプルな量産品クロスの1種のみで潔く仕上げます。

10596.jpg

今日はカーテン類の打合せで建主さんの御家族に来て頂いての確認。これもうちの事務所の定番仕様となっている白いフッ素塗装のブラインド1枚のみを窓枠内に納めるという仕様でしたが、南側の大きな4枚引き引違アルミサッシにつけたバリアフリー仕様の大型把手が大きく突き出てしまってブラインドが枠内に上手く納まらなくてどうしようという相談。。最終的にはロールスクリーンでも全然構わないとのご意見を頂き、奥の手のロールスクリーン逆巻納めで納めようということに決定。これなら綺麗に納まるはずです。

10585.jpg

キッチン廻りのボーダータイルも綺麗に納まってます。


ちなみに現在うちの事務所で設計監理中の3件の家は全て3階建てで敷地も全て80㎡弱、おまけに3件とも4月に完成予定であるという共通点に今更気が付きました。5月は事務所の引っ越しで忙しそうですがその後が急に暇になりそうです。。



2017.03.17 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

クロス張直前


『末吉大通りの家』。大工さんによる木工事が一通り完了。今日の現場は誰もいなくて静まりかえってます。これからクロス張をする前に造作家具も天板部分だけ先行設置されている状態でした。外壁の板金工事が遅れていますが、それさえできれば外部足場撤去~外構工事~完成という運びになります。



10511.jpg

10504.jpg

2017.03.07 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

枠まわりなど打合せ


『末吉大通りの家』の現場。今日は、電気屋さんも現場入りしていたのでその打合せと、鉄骨造ならではのやっかいなサッシ廻り、枠廻りの打ち合わせを行いました。



現場の周辺には当事務所で過去に設計した住宅や建売住宅がかなり多くあって、少し見て歩いて懐かしみつつ帰りました。


2017.01.25 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

木下地、進んでます


『末吉大通りの家』の現場。

昨年まではゆっくりと工事が進んでいた現場なので、しばらくぶりに現場に来てみたら大工さんが3人態勢で木工事がどんどん進んでます。外壁が板金葺きなので、板金屋さんが来てくれればここから先は工事も早く進んでいきそうです。



9056.jpg



2017.01.13 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

セメント板


『末吉大通りの家』の現場。

ものすごく重いと大工さんにはとても不評の外壁の下地合板の施工がやっと完了しました。耐火構造の鉄骨造の外壁にガルバリウム鋼板スパンドレルを張るにはこれしか選択肢がなかったのですが、木毛セメント板厚25ミリの外に外断熱材としてのポリスチレンフォーム厚25ミリを張り付けたものです。鉄骨造なのでやはり外断熱の方が熱が鉄骨越しに室内に伝わることがなくて安心できます。



中はこんな様子。もうすぐサッシも付きます。

8455_20161212104047be3.jpg



2016.12.12 | | Comments(0) | 末吉大通りの家


「末吉大通りの家」。

こちらは鉄骨工事が一通り終わり、耐火被覆工事と壁下地などの木工事にこれから入っていきます。



7629.jpg


2016.11.16 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

鉄骨下地関係


『末吉大通りの家』。

床のコンクリートも仕上がり、外壁の鉄骨下地なども出来てきてかなり家らしくなってきました。構造的にもがっしりと固まってきた感じです。



2016.10.28 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

鉄骨、上棟しています。


『末吉大通りの家』。鉄骨も組み上がり、確認検査機関の中間検査を受けました。

壁を薄く収めるために、10センチ角の細い鉄骨と鉄板プレートによる薄い筋交いで組んだ、逃げのない構造ですが上手く納まりました。特に華奢な感じもせずがっちりしています。



6831.jpg

2016.10.18 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

久々の鉄骨検査


「末吉大通りの家」。

鉄骨製作に時間がかかってましたが、ようやく出来上がったということで川口市まで鉄骨原寸検査に行って来ました。
横浜からだと遠いなと(電車だと約2時間)早めに出かけたのですが、高速道路がほとんど渋滞もなくて1時間ちょっとで着いてしまって、意外と近いです。



あいかわらずどこの鉄骨工場も忙しく、分業体制でこの工場は柱だけの製作。梁は千葉の工場にて製作してます。

6414.jpg

6421.jpg

木造住宅スケールと同様の10センチ角の角柱としたので、製作はいろいろと大変なようです。

6426.jpg

超音波による非破壊検査。その原理はわかりにくいのですが、言うなればものを叩いてその音で隙間があいていないか判断するようなものです。

今週中には上棟する予定です。



2016.10.04 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

«  | HOME |  »

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。