スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

小波


『大崎の家』の現場。

パッと見では気づきませんでしたが、外壁のガルバリウム鋼板小波板の工事が道路面以外の3面はほぼ完成してます。



ほとんど見えなくなってしまう裏廻りの外壁なのですがすごく丁寧に張ってくれているようです。


スポンサーサイト

2017.03.29 | | Comments(0) | 大崎の家

グレーの板金


『大崎の家』。現場は木工事がどんどん進んでいきつつ、水道屋さん、板金屋さんの工事も並行して入ってきました。



ここの現場はどこを見てもいつもきれいに片付いているので感心します。

10717.jpg

外壁は小波板縦張り、屋根は立ハゼ葺とこの家は外部は全てガルバリウム鋼板で仕上げますが使うのはこのグレー1色のみ。とても地味な色ですが、黒やシルバーほどイメージが強くなく、このような建て込んだ場所でもすんなり周囲となじむ色としてよくおすすめしている色です。



2017.03.22 | | Comments(0) | 大崎の家

杉のフローリング


『大崎の家』の現場。とても順調にどんどん進んでます。



断熱材の吹き付けも完了。今日は3月にしては寒い日でしたが、この断熱材があるとないとでは現場の寒さも段違いです。

10565.jpg

一番目立つ3階LDのテラス側の1ヶ所のみに設けた木製サッシも付いてます。防火アルミサッシより数倍高い価格なのであまり沢山は使えないのですが、現状ではサイズとガラスの自由度がアルミサッシよりも高いのでここぞという場所には使います。

10563.jpg

3階のLDのみはガス温水式の床暖房も設置。3階のフローリングは床暖房の上なので無垢ではなく、ナラの複合フローリングボード(巾2枚分がつながったもの)としてますが、表面の仕上げだけみると無垢以上に立派で、塗装もマットで落ち着いてます。

10557.jpg

寝室のある1、2階は床暖房をしない代わりに床は杉の無垢フローリングです。飯能の岡部材木店から届いた西川材の杉の働き幅170のもので、上小節のはずがほとんど節も見当たらず無地に近い立派なものです。杉なので柔らかくて傷つきやすい代わりに足触りも良く冷んやりしないので床でごろごろしたりしても心地よいと思います。





2017.03.15 | | Comments(0) | 大崎の家

中間検査


大崎の家の現場。上棟してからは木工事がどんどん進んでます。今日は中間検査でした。



10386.jpg

10436.jpg




2017.03.06 | | Comments(0) | 大崎の家

上棟式


『大崎の家』は先週上棟しましたが日を改めて本日上棟式が行われました。



LDのある3階まで上がるとやはり開放感が下の階とは全然違います。

10316.jpg

3階のバルコニーからは見えるのは駅前にそびえる高層ビル。都会です。

10325.jpg


2017.02.27 | | Comments(0) | 大崎の家

上棟しました。


『大崎の家』。

ここまで時間がかかってしまいましたがようやく上棟しました。



いわゆる都心狭小地(敷地面積は割と大き目だけど奥に長い)で道路以外の三面に隣家が迫っている場所での木造3階建て。この環境の中でのプライバシーと開放性を考えてLDは最上階の3階に上げ、下の階の寝室などの開口部の位置についても熟慮した家です。

2017.02.23 | | Comments(0) | 大崎の家

基礎配筋検査


『大崎の家』は基礎の配筋工事が完了しました。



9544.jpg

敷地背後にお隣の敷地の古い擁壁が迫っているおかげで、擁壁が万一崩れたとしてもこちらの建物に被害が及ばないようにこのような防護壁が必要となります。建物を擁壁から4mほど離せられればいいのですが限られた敷地面積でそのようなことができるわけはなく、このように1階には開口部も設けられず分厚いコンクリートの壁が必要となり平面計画的にもコスト的にもかなり不利となってしまいます。不公平といえば不公平なのですが、安全最優先ということなので。



2017.01.31 | | Comments(0) | 大崎の家

遣り方始まる。


『大崎の家』の現場。地盤改良した後の年末年始の基礎屋さんの都合で工事があまり進んでいませんでしたが、ようやく基礎工事に入ります。本日は基礎の位置高さの確認の検査。ここからは工事も増員して遅れを挽回するそうです。



ちなみにこの現場は大崎駅が目と鼻の先という都心なのですが、埋蔵物包蔵地に指定されていて基礎工事の際には品川区役所の担当が何か出てこないか現場を見に来ることになっています。


9149.jpg

ずっと気になってますが、現場へ向かう途中の駅前のソニーのビルがかなり格好良いです。





2017.01.17 | | Comments(0) | 大崎の家

地鎮祭


『大崎の家』。

埋蔵物包蔵地だったり、道路協議が必要だったりと申請手続きにとても時間がかかりましたが本日地鎮祭を執り行いました。木造3階建てですが予定工期5か月で完成を目指します。



2016.11.28 | | Comments(0) | 大崎の家

大崎での新しい計画


珍しく東京都心の大崎で新しく木造3階建て住宅の計画が始まります。
朝からものすごく暑い中、敷地の現況測量と地盤調査に立ち会ってきました。
再開発されて随分ときれいな街となった大崎駅からもすぐ近くの場所で、敷地面積は75㎡ほどあります。

割と起伏のある古くからの住宅地のようで、戦前からずっとそのままだという大谷石の擁壁(裏のお宅の敷地)がしっかりしてそうに見えますが法規的にはやっかいです。建物は敷地目一杯に建てざるを得ませんがその大谷石の擁壁は安全を確証されていないという扱いで、いつ崩れてもこちらの建物が被害を受けないようにある程度の高さまでを鉄筋コンクリート造の防護壁をつくらないといけません。



3410.jpg

2階程度の高さから見た眺め。駅前の超高層マンションがそびえ立っています。
2階建てと3階建が混在する周辺の状況を考慮して、LDは最上階の3階に設ける予定です。




2016.07.12 | | Comments(0) | 大崎の家

«  | HOME |  »

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。