根切り

鎌倉N邸。晴れたり雨が降ったりと天候が定まらない中、基礎の根切工事が進行中。
基礎の深さまで土を掘ることを根切(ネギリ)といいますが、ここではその名の通り残す
予定の桜の木の根っこの一部がちょうど基礎に当る深さに出てきて対応に追われてます。
とりあえず植木屋さんに切っていいものかどうか、後日見てもらうことになりました。

nekko.jpg

街中と違ってこの周辺の桜はまだまだそんなには咲いていませんでした。
来週あたりが見頃となりそうです。

2008.03.28 | | Comments(0) | 鎌倉N邸

家づくりの会にて

今週一週間は「家づくりの会」でのブログ当番。
約40名の建築家が一週間ごとにブログにいろいろ書き込んでます。
そちらの方もご覧下さい。
(こっちの本ブログは少しおろそかになりそうです)

2008.03.25 | | Comments(0) | 仕事

ニューフェイス

今週から来てくれるスタッフ トモちゃんです。
これからは2人体制。よろしくお願いします。 

tomo.jpg

2008.03.24 | | Comments(0) | 仕事

今日は横浜で

建築家仲間 宮晶子さんのオープンハウス。

miya1.jpg

変形した7角形のガラスボックスの内部に間仕切りをかねた木造の耐力壁が
一定の法則の元に乱立するというとても明確な構成。
住宅という枠組を軽く超えたすごく純粋な空間。感動です!

miya2.jpg

宮さんは昨日鎌倉で見せてもらった室伏さんの弟子にあたる女性建築家。
構造の表現や空間の力強さ、視線の意識など相通じるものを感じました。

2008.03.23 | | Comments(0) | 建物

オープンハウス3週目

3週連続で週末は鎌倉に。今週もオープンハウスの見学です。

その前にちょっと足を延ばして、建築家の先輩 泉幸甫さんの
設計した北鎌倉の小さなギャラリー ポラリス へ。
ちょうどウッドベース×ダンスの即興パフォーマンスの最中。
鎌倉の奥深い山中で舞うフランス人ダンサー。シュールな風景です。



ちょっと時間がないので中に入るのはあきらめて目的地のオープンハウスへ。
道中で有名建築家N氏の実家を発見。

naitou.jpg

浄智寺から山越えのルートを選択。道なき道を進みます。

komiti.jpg

なんとか山を越えると、まるで絵のような小屋のある風景。

koya.jpg

せっかくなので近くの海蔵寺にも寄って。(寺巡りばかりしてるとちょっとジジ臭いですが)

kaizou1.jpg

本堂の中の座敷はすごくイイ感じです。好きです。

kaizou2.jpg

そして目的のオープンハウスへ。大先輩建築家 室伏次郎さんの設計した家です。

murofusi.jpg

柱が林立した森の中の神殿のような家。木造ですが普通の在来工法で
なく壁や筋交いを無くしてかなり斬新なことをやっているようです。
中性的な建築が多い中、室伏さんの創る建築は雄雄しくて荒々しくて
強さを感じさせてくれるので好きです。
住宅というよりは、建築とはどうあるべきかについて深く考えさせられる家。
また勉強になりました。

2008.03.22 | | Comments(0) | 建物

雑誌掲載

月刊誌 『 新しい住まいの設計 』 2008年5月号に私が設計した
海のパノラマ・葉山 が掲載されてます。3/21発売だそうです。

atarasii.jpg

撮影した日がかなり天気の良い日だったので、写真映りも
なかなかのもの。眺望の良さが活かされてます。

2008.03.19 | | Comments(0) | 仕事

○○様

日本在住の外国人によると、「お疲れ様」という日本語オリジナルの
言葉がとても素晴らしいらしい。(とTVでやってました)


工事現場で、近所の人に御迷惑おかけしてますと頭を下げると
「いえいえ、お互い様ですから。。」と言ってくれる人も結構いて、
そういう日本語の言い回しっていいなあと単純に感動してしまいます。

2008.03.17 | | Comments(0) | 遊び

オープンハウス2週目

建築家の先輩 森博さんの設計した家のオープンハウス。
これは見に行かねばと今週も日曜は鎌倉へ。
小さくてかわいい家ですが、家中に心憎いディテールの
散りばめられた家で、とても勉強になりました。

morisan1.jpg

2008.03.16 | | Comments(0) | 建物

これから基礎工事



この一週間は珍しく雨にたたられましたが杭工事は完了。
この後も続く難工事、基礎工事の現地打ち合わせで関連
する業者さん勢ぞろいです。
傾斜地なので基礎の半分は地盤上に載せ、後の半分は
柱で宙に浮いているようになるため型枠の組み方が難しい
のです。

2008.03.15 | | Comments(0) | 鎌倉N邸

プレカット

木造の場合、構造と下地、仕上が密接に結びついていて、なかなか
切り離せるものではありません。
自分で構造図を描いてみないことには、果たしてちゃんと納まっている
のかどうかも理解が難しいので、必ず自分で描くようにしています。



これはその設計図をもとに木材を加工する工場から送られてくるプレカット図。
ちゃんと納まっているかどうかひたすらチェックします。大体いつも納まらないのは
床段差の部分と設備関係。限られた高さを有効利用したいので天井内の高さは
なるべく節約しますが、その中に給排水管、換気扇ダクト、天井埋込型の照明、
エアコンとその冷媒管などなどがいっぱい走っています。
この図でも、ダクトがぎりぎり納まるか微妙というようなところを発見。
上棟して初めて気付くようなこともまれにあるので臨機応変な対応が必要と
なることも。。立体を2次元の図面で完全に理解するのは、いくら慣れて
いてもそう簡単ではありません。

2008.03.14 | | Comments(0) | 鎌倉N邸

今日朝一番の爆笑、面白ニュース。
デスメタル犬
スゴイです。

2008.03.14 | | Comments(0) | 遊び

コンバージョン

今日も外で、新しいコンバージョン事業の打合せ。
工場やオフィスを賃貸住居へとリノベーションする可能性などについて。
ハード、建築法規、事業性、客付けなどハードルはまだまだ高そうですが
うまくいけば面白いものができる可能性は感じられました。
オフィス→住居に転用するのにまず問題になるのが、床の遮音性と
建築基準法の採光規定。採光については、余ったオフィスを活用しやすい
ように建築基準法の緩和に向けて政治的な動きもあるそうだ。



ところで、昔よく通ってた道路沿いに「トレッサ」という複合商業施設が
出来てました。車で移動すること前提のアメリカナイズされたスケールの
施設で、歩いても歩いても向こう側までたどり着けなくて、、、、
かなりしんどかったです。

2008.03.12 | | Comments(0) | 仕事

Tokyo

今日は午前中、東京駅までお出かけ。ここもめったに来ない場所となりました。
18才で予備校生として上京した当時の思い出としては、もっとガランとしていた
気がしますが、いつの間にかここも高層ビル乱立してて、大丸百貨店も
「グラントーキョー」とかいう格好いいビルに変わってます。新丸ビルの中も初めて
覗いてみたら高級感にあふれています。なかなかここまで高級感を出すのは
きっと難しいです。。
でもやはり大手デベロッパーのやる仕事。あちこちに再開発したビルと同じような
施設構成に同じようなテナント。既視感を感じないわけではありません。
地元に密着した商店主や地域住民のいない商業空間はなんとなくバ-チャルな
感じです。

丸の内~大手町の新しいビルのファサードは彫が深くて重厚感があり、かなり好印象。
ちょっと昔は彫りなんか無くてツルんとした「軽さ」を追い求めるような時代もありました。。

2008.03.11 | | Comments(0) | 遊び

鎌倉散策

今日も鎌倉。建築家 山田博也さんの設計した住宅のオープンハウスへ友人と。
電車で行ったのですが、日曜の鎌倉はまさに観光地で大混雑。
待ち合わせのスタバも満席で入れずに、隣の「ギャラリーヨコ」が開いてたので見せてもらう。
プールのある庭へ出る門扉がカワイすぎます。



その後近くまで歩いて目的のオープンハウスへ。山に囲まれた静かな場所。
鎌倉にはこんな時間が静止したような、鎌倉時代へタイムスリップしたような
場所が一杯あります。
旗竿地の敷地をゆったりと使った、小さくてかわいらしい家でした。

yamahiro.jpg

めったに来ないような場所なのでついでに近くの観光地巡り。
佐助稲荷の赤鳥居。ここは人も割と少なく穴場っぽいです。

sasukeinari.jpg

凛々しい顔のおいなりさん。

oinari.jpg

初めて来た銭洗弁天で小銭を洗って、、。こういう所、なかなか来ることはないですね。

zeni.jpg

その後、そのまま鶴岡八幡の方まで歩いてカフェでビールと夕食。
鎌倉のメジャー観光スポット散策。かなり楽しいです。
鎌倉が大人気の理由がよくわかった一日でした。。

2008.03.09 | | Comments(0) | 建物

杭打ち中

うちの事務所は土日は基本、休みですが現場は当然動いてます。
(現場は盆と正月以外は普通祝日もありません。)
鎌倉N邸、杭を打っているところを見に、ふらっと立ち寄ってみました。



先端がスクリュー状になっている鋼管杭を、所定の位置にセットし、回転させながら
圧入させていきます。地面に対して杭が真っ直ぐ垂直に打ち込めるように、アームを
微調整しながら慎重に打ち込んでいます。
事前のボーリング調査によって決めた深さまで打ち込むのですが、回転させてもほとんど
杭が潜り込まなくなった時点で、先端が固い地層に達したということなので打ち止めです。

昔の現場ではコンクリートの長い杭を、重りを落としてカンカンと打ち込んでいたのを子供の頃の
記憶で覚えています。打ち込むときの騒音と振動は激しくて、今はこのような音も振動も
ほとんどない回転圧入式の鋼管杭が主流になってます。残土もほとんど出ないし、
逆回転させると簡単に抜くこともできるのでとてもすぐれものなのです。

2008.03.08 | | Comments(0) | 鎌倉N邸

胃もたれ



横浜B級グルメの巨星 バーグ です。
着席、即、目の前にカレー!みたいな、、
混雑時の料理が出てくる速さはすごいです。
ここ弥生町店は、伊勢佐木警察署(「警視庁24時」などでおなじみ)と
中消防署の向かいというナイスな立地。男くさいです。
(私があまり入りたくない関内「ラーメン二郎」よりは大分上品ですが、、)
新杉田の駅前ビル内の本店の方は家族連れも多いアットホームな雰囲気ですよ。


ちなみに横浜B級グルメに超詳しいサイト
「恰幅の良い彼」

2008.03.07 | | Comments(0) | 遊び

ショベルマスター現る

鎌倉N邸の現場。今日から延べ5日間ほどかけて鋼管杭の打設です。
杭の業者さんとは何度か現場で下打合せをしてあって、道路は広いものの
道路に勾配があったり、敷地内に大型の重機を据えるには大きな架台が必要。
コストと施工性を考慮の上、この現場では少し小型のショベルカーで杭を打つ
ことになりました。
午前中は測量屋さんにて杭のポイント出し。午後からは杭を打つポイント
までの進入経路の整備。
敷地はほとんど傾斜地。果たしてどのように作業するのか。。



道路と敷地は結構な高低差があるものの、オペレーターさん何の躊躇もなく
アームを踏ん張って敷地へと降りていきます。
滑り落ちたらその先は急斜面。絶対怖いはずだが。



全然平気な様子。匠の技です。

syober2.jpg

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ
危ぶめば 道はなし 踏み出せば
その一足が 道となり その一足が 道となる
迷わずゆけよ 行けばわかるさ           by アントニオ猪木


自分の道は自ら切り拓く。これが男の生きる道ということか。。。





wc.jpg

ちなみに仮設トイレも設置されてました。高床式です。
ドッキリカメラ風で何か起こりそうな気配が漂ってます。
使用するのには少しの勇気が必要のようです。

2008.03.06 | | Comments(0) | 鎌倉N邸

商店街時間



商店街ではオフィス街と違って、みんなのんびり歩いてます。
当初は、急いでるときになかなか進めなくてイラッとすることも
ありましたが今ではこのペースが自分にはちょうど良いです。

戦前からずっと同じ場所にお店を構えているような老舗もあれば、
チェーン店の進出も激しく、世の中の流行や時勢に合わせてお店の方は
コロコロとめまぐるしく変わっていって生き物のようです。
この3年間で多くの店が開店してそれ以上に多くのお店が消えていきました。
個人的には、はなまるウドンと、萬里(店内は相当汚いがうまくて安い中華屋)が
なくなったのがショックでした。

写真の不二家は、ちょっとしたピンチにも負けず頑張ってます。
ペコちゃんのような愛されるキャラクターを持っていると強いですね。
この不二家は現存する一番古い店舗。日本で有名なチェコ人建築家レーモンドの
作品で築70年になる建物です。戦後には進駐軍のクラブとして使用されて
いたそうです。空爆を逃れている街なので、戦前の建物もいくつか立派に
残されていて歴史を感じさせてくれます。

2008.03.04 | | Comments(0) | 遊び

復活 そして 3周年

先週はずっと風邪に苦しめられましたが、この土日はひたすらじっと休養して復活しました!
寒さもやわらいで、とうとう春ですね。

うちの事務所でも賃貸契約の更新があって、この地に移って3周年です。
まるで設計事務所らしくない場所にあるのでみんな不思議なようですが、
便利で面白い場所です。表通り、裏通り、裏の裏、いろんな種類の人が
歩いているし、時間帯によって様々に表情が変わります。季節ごとの
イベントやお祭りもたくさんあって、歴史も異国情緒もたっぷりあるし、
緑も、音楽もあります。
この街の何でも受け入れてしまうようなパワーが相当好きです。




2008.03.03 | | Comments(0) | 仕事

«  | HOME |  »

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori