スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

完了検査

田浦の家。

今日は民間の確認検査機関による完了検査。
現場に行くとすでに建物の高さを長い棒尺で計られて
いる最中で少しビビりましたが、何も問題なく検査は終了。

17184.jpg

1階の土間コンクリートに埋め込んだ床暖房も試運転中でポカポカでした。

17205.jpg

外構工事が少し間に合わないのですが、今週末4/4(日)のオープンハウスは
予定通り行います。当日どうしても来られない方は前日4/3の午後に、
少し中を見れる時間を設けるつもりですので御連絡下さい。

スポンサーサイト

2010.03.30 | | Comments(0) | 田浦の家

点灯

田浦の家。

明かりが灯りました。


2010.03.23 | | Comments(0) | 田浦の家

コートから見上げる空

田浦の家。

外部だけでなく、中庭も足場が取れてました。



遠くからもよく目立つグレーの切妻。

17080.jpg

一番大きな中庭。

17054.jpg

中庭の足場が取れて、1階のLDにも十分日差しが入ってきます。

17071.jpg

珪藻土を塗った和室。珪藻土が乾燥して大分白くなってます。

オープンハウスは2010/04/04(日)に開催決定しました。
詳細についてはまた後日、御案内させて頂きます。

2010.03.16 | | Comments(0) | 田浦の家

地鎮祭

今日は大安の日曜日。

天気も良くて観光客も一杯の鎌倉にて
佐助の家」の地鎮祭が執り行われました。


2010.03.15 | | Comments(0) | 佐助の家

足場撤去

田浦の家。

天候不順の影響で完成直前の工事もなかなか進まないのですが、
今日行くと足場が撤去され始めてました。



中では、左官屋さんに1室だけ塗ってもらう珪藻土の仕上げ具合を
目の前で見本塗りしてもらいながら確認。

17004.jpg

天候が落ち着けば、4月4日あたりにはオープンハウスも開催できるかと
思ってます。

2010.03.09 | | Comments(0) | 田浦の家

日本二十六聖人記念館

長崎で感動したもうひとつの建築。
「日本二十六聖人記念館」
記念碑と記念館、聖堂の3つから成り立っている建築です。
設計は今井兼次。ガウディの弟子かと思い込んでいましたがそうではなくて
ガウディの研究者だったそうです。



二十六聖人の肖像が並ぶ記念碑。「二十六聖人」の意味も初めて知りました。
キリスト教信者に対するの悲しい迫害の歴史があったのですね。。

16707.jpg

記念碑の裏の記念館。中は撮影禁止でしたが、空間構成はシンプルながらも
濃密な空間が展開されていました。

16718.jpg

記念碑と記念館は屋根でつなげられてます。記念碑の裏面にも今井兼次に
よるレリーフ。庇を指示する柱にはガウディ流の造形が施されてます。

16746.jpg

16747.jpg

聖堂の屋根を貫く2本の柱。

16734.jpg

自由に中に入れる聖堂内部。誰もいなくて静まり返った中、
神聖な気持ちにさせられました。




2010.03.07 | | Comments(0) | 建物

長崎原爆死没者追悼平和祈念館

長崎ではすごい建築と出会いました。

「長崎原爆死没者追悼平和祈念館」
詳しい情報も持たずに入ったのですが、びっくりしました。
素晴らしい建築です。

16627.jpg

円形の生垣に囲まれた建物へのアプローチをガラスのファサードが受け止めます。

16629.jpg

中に踏み入れると水盤を廻り込むように誘われます。

16637.jpg

16645.jpg

ガラスのボックス裏に広がる静謐な水盤の空間。

16646.jpg

夜はこの水盤に原爆の死者数と同じ70000個の光ファイバーが点灯するらしいです。
良く見ると黒い御影石に無数の光ファイバーの孔があいていて、その施工に敬服。
これを知っていたら夜も絶対来たかったのに。

16648.jpg

水盤の下へ潜り込んでいく階段。この辺の演出は淡路島の本福寺水御堂と
同じですが、とても゙ラマチック。

16654.jpg

地下にある回廊。静かな空間の中に水が滴り落ちるかすかな音がしていて
死没者の苦痛を癒しているような気がします。

16661.jpg

館内の展示はとてもシンプル。前室では死没者の氏名と顔写真を
モニター上のスライドショーで見て追悼空間へ。
天井の高い巨大な空間にそびえるガラスの列柱。
正面には死没者の名簿が安置されてます。

16663.jpg

16673.jpg

交流コーナーに面する屋外コート。ここにも上部の水盤からの
水が流れ落ちてきます。



暗い地下へ天からの光を落とす列柱。その軸線上に爆心地があるそうです。
教会と似た側廊形式の空間構成で、とても心打たれる祈りの空間。



秀逸なモダンデザインの極致のような建築で、水盤、ガラスボックス、
地下、光、軸線、、空間手法としては極めて常套的な手法しか
使っていないのですが、「素晴らしい」としか言いようがない建築でした。


2010.03.06 | | Comments(0) | 建物

紫鳥居

葉山で紫色の鳥居を発見しました。



一瞬ギョっとしますが、すごく渋い色で神社にもよくなじんでます。

2010.03.06 | | Comments(0) | 建物

雨降って地固まる

今日は、「秋谷・海の家」の地鎮祭。
天気はあいにくで、冷たい雨に打たれながらの地鎮祭となりました。

8349.jpg

神主さんご苦労様でした。

敷地に地縄も張られて、ここに立ち上がるはずの建物の姿を想像。。
わくわくしてきます。


2010.03.06 | | Comments(0) | 秋谷・海の家

長崎市公会堂

長崎市役所の近くにあった長崎市公会堂。
武基雄氏設計でDOCOMOMO JAPAN145選にも入っている貴重な建物。
フラットルーフなのに、洋館のある長崎の街並とうまく調和してます。



2010.03.05 | | Comments(0) | 建物

水辺の森

長崎の街の中心にある「水辺の森公園」という気持ちよい公園。



16461.jpg

公園内にある長崎県美術館の足元を流れる運河。水がとてもきれいでごみも浮いてません。
海の色が深くてガラスの色ともうまく調和してました。

16452.jpg




2010.03.05 | | Comments(0) | 仕事

洋館のある街並

長崎市内では徒歩+路面電車で移動。
都会と違って誰も急いでません。

16488.jpg

街中には洋館が多く保存されていて歴史を感じさせます。



16682.jpg

16349.jpg

16369.jpg

16428.jpg

16472.jpg

16481.jpg

16474.jpg

16701.jpg

坂の多い街は「猫」の天下でした。

16499.jpg







2010.03.04 | | Comments(0) | 未分類

長崎へ

一泊二日で長崎へ行ってきました。

海の見える敷地での住宅計画のための調査で、昼、夜、朝と
敷地に佇み周辺を歩き回って、じっくりと場所の雰囲気を体感してきました。
遠方でなかなか来れない場所なので、関係官庁を全て廻って法規制も
一通り確認。
初日の天気はあいにくの雨だったものの、翌日はなんとか
少し晴れてくれました。



16493.jpg

海と山に取り囲まれ、程よいスケールがとても心地よい街です。

16495.jpg

上から見下ろすとものすごく立体化した街です。

16504.jpg

16401.jpg

どこも坂と階段だらけ。

16408.jpg

雨に煙る長崎の夜景

2010.03.03 | | Comments(0) | 仕事

«  | HOME |  »

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。