スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

事務所移転予定してます。


伊勢佐木町の商店街の小さなビルの3階に事務所を構えてもうすぐ9年となります。
なかなか賑やかで楽しく気に入っている場所なのですが、そろそろ更新の時期となり
来られた方はお分かりのように、かなり手狭となっているため近々事務所移転することに
決めました。

とはいっても今の事務所から200mほど離れた場所で、移転するつもりもなかったところが
たまたま良いところを見つけてしまってすぐ決めてしまいました。
11月1日からはそちらに完全移転できるように徐々に引越しを進めようと思います。

10階建ての小さなビルの最上階ですが、今の事務所より2倍以上広くなるので
カタログやサンプルの整理に悩むことはなくなりそうです。



窓からの眺めです。高所恐怖症じゃなくてもかなり恐い高さです。



スポンサーサイト

2013.09.27 | | Comments(0) | 未分類

台風一過


シチリの家。

昨日は台風の影響で24年ぶりの稲村クラシックが開催されたという
鎌倉の海ですが、今日は台風一過で波もなくきれいに輝いています。



屋上からは空気が澄んでいないとなかなか見れない伊豆大島のシルエットが浮かんでいます。

29824.jpg




2013.09.27 | | Comments(0) | シチリの家

2階LD

moka。

2階が整理されて空間がよくわかります。
吹き抜けにハイサイドライト+天井にトップライトとしましたが、
想像以上に明るいです。


2013.09.25 | | Comments(0) | moka

外壁型枠ばらされる。


wedgeの現場。

一番の難関だった地下1階部分のコンクリート打設が完了。外壁の型枠もばらされました。



とがった三角の形なので固まり感がすごいです。

14475.jpg

懸案事項だった外壁の杉本実型枠のコンクリートの仕上がり具合も、すでに養生に覆われていますが
節が目立ちすぎることなく、木目が消えうせることもなく程よい加減で仕上がっているようです。



2013.09.25 | | Comments(0) | wedge

配管など


マンションリノベ「usva」の現場。


壁式鉄筋コンクリート造のマンションで、公団の分譲マンションなので規約も
厳しく壁のコンクリートに穴を開けることもできません。

エアコンが取り付けられない仕様の部屋が1室あってそこにエアコンを
取り付けるために床下にエアコン配管を通す必要があったり、電気の配線も
壁式構造の垂れ壁が配線ルートの邪魔になったりと大変ですが、なんとか
設計通りの間取りでいかることになりました。

仕上げはまだまだ先となりそうです。

2013.09.25 | | Comments(0) | usva

今日の現場


mokaの現場。

外壁内部に断熱材が詰められています。
電気関係のボックスが壁内に設置されているので、石膏ボードでふさがれる前に
位置の微調整などをお願いしてきました。


2013.09.17 | | Comments(0) | moka

フローリング張


usvaの現場。

一部ですがもうフローリングが張られています。


2013.09.17 | | Comments(0) | usva

1階床コンクリート打設


wedge。

地階壁~1階床のコンクリート打設が行われました。
杉本実型枠の打放しもあって失敗が許されない真剣勝負です。



14406.jpg

14419.jpg

段板が跳ね出しとなる外部階段は一際慎重にコンクリートを流しこんでいます。

2013.09.17 | | Comments(0) | wedge

上棟しました


シチリの家。

台風が来る前の土曜日に無事上棟しました。




切妻屋根が際立つ斜めから見た外観。この格好良さは想定外でしたが。

14294.jpg

14304.jpg

七里ヶ浜を見下ろす2階LDK。

14298.jpg

江ノ島を望む屋上テラス。

14322_20130917152418b14.jpg




2013.09.17 | | Comments(0) | シチリの家

木工事も佳境


moka。

内部は下地工事が着々と進行中。アルミサッシ、ユニットバス、床暖房、一部
フローリングも入りました。この後残りのフローリングと断熱材の工事に入ります。

今日は木製建具、家具屋さんと打合せ。ガレージ廻りのドアで難しいところがあるので
そこは入念に打合せしてきました。




2013.09.10 | | Comments(0) | moka

下地組と隠蔽配管


マンションリフォーム計画「usva」の現場。

早速大工さんの工事が始まりました。



スケルトンリフォームとはしないで残せるものは残して節約する方法を取っています。

14057.jpg

元公団の分譲住宅なのですが、なぜかエアコン設置のための配管ルートを想定されていない
寝室があって、外壁に穴も空けられないし室外機を置くスペースも限られてしまうため
床下に新たにエアコンの隠蔽配管を行いますが、かなり難しそうです。

14049.jpg

この部屋は少し北欧系のイメージとするため、床のフローリングもほんのり白く塗装が掛けられた
アッシュ材を使用します。


2013.09.09 | | Comments(0) | usva

雨除け


wedgeの現場。

朝に現場に着く直前で強めの地震に遭遇。現場で打ち合わせを始めたら急な大雨。
竜巻も怖い天候不順な9月です。

現場では地下1階の壁型枠を建て込み中で、杉型枠を雨で濡らさないために
ブルーシートで仮設屋根がかけられています。



14020.jpg

内部は竪穴式住居のような巨大なテントのような。。


14036.jpg

午後は建て主さんとフローリングメーカーのショールームへ。
候補に挙がっている新製品を現物で確認。
節有りのヨーロッパオークをうっすらホワイト塗装したものか、激しく表面に鋸目を入れて
さらにラフに仕上げたものかで悩まれています。



2013.09.04 | | Comments(0) | wedge

瀬戸内国際芸術祭2013~高松篇

高松も一応瀬戸内国際芸術祭の会場です。

久々に香川県庁舎を見てきましたが、やはり良いですね。

コンクリートを細い柱梁に分節して徹底的にコンクリートが面として見えることを
排除しているのが良くわかります。夏なのでその陰影も濃いです。

13420.jpg

13408.jpg

13426.jpg



13402.jpg

近くでうどんを食べた後、香川県立ミュージアムでの「丹下健三展」を見て今回の旅は終わり。
高松よりもう少し東の実家へ帰省となりました。

今回の旅、小豆島1泊、直島2泊の旅でしたが、残念だったのが好きな島の男木島へ
行けなかったこと。船の便数が少なくて乗り継ぎが悪く今回は見送り。
今回のトリエンナーレはもっと西の島もいくつか新たに会場となっていたので、全島制覇は
極めて困難となってしまいましたが、3年後にまた来ます。








2013.09.03 | | Comments(0) | 遊び

瀬戸内国際芸術祭2013~直島篇


夕刻直島へ渡る。


13223.jpg

港のそばの直島銭湯で昼間の汗を流しに行く。

13226.jpg

直島の猫はかなり堕落しているようです。(持参したマタタビ玉のせい)



あまり落ち着いて入れる銭湯ではありませんね。(笑)

13255.jpg

キャンプ場で一泊の後、朝一予約の地中美術館。

13264.jpg

地中カフェからの眺め。

13265.jpg


13279.jpg

よく見ると、リ・ウーハン美術館の守り神が鎌首をもたげていました。

13287.jpg

新しく出来たANDO MUSEUM。
ここの安藤忠雄氏の他にももう2つ3つほど建築家の作品を展示しているところが
ありますが、このトリエンナーレに建築家の作品展はそぐわないように思います。
建築とアートはやはり同列で見ることができないのか。。

13292.jpg

13293.jpg

13314.jpg

13321.jpg

瓦屋根の街並みと瀬戸内海。

13328_20130823205043eab.jpg

これは建築家の作品。水盤に浮く(ように見える)入母屋の中に入って一人が小屋を手動で
回転させ、もう一人が手動ポンプで水をくみ上げで屋根裏の金属板に放散して冷却するという
よくわからない作品でした。

13348.jpg

緑色をした夕暮れの瀬戸内に日が沈む。

13363.jpg

朝の黄色カボチャ。 高松へ戻ります。






2013.09.03 | | Comments(0) | 遊び

瀬戸内国際芸術祭2013~豊島篇

小豆島から直行の船で豊島入り。




豊島の猫は少し凛々しいようです。

13160.jpg

ポルタンスキーの作品への道すがら。田んぼと小屋。

13199.jpg

豊島美術館前の気持ちよい道は朝から人も多くてにぎやかです。

13165.jpg

豊島美術館ではまた快眠してしまう。スリーピングシェルターのようだ。

13208.jpg

小屋の中の作品はどこも激暑。

13211_20130823204928d96.jpg

湧き水でのどを潤し、頭を冷やす。

13222.jpg

新しく港近くに建った横尾美術館。
前回トリエンナーレでは横尾作品のみなぜか辺鄙なところに
展示されていたので見ていない人がほとんどだと思う。

13220.jpg

赤いガラスの向こうには驚きもあり。横尾作品もそれを活かした建物もかなり良いです。


この日は夕方の便で直島へ向かう。


2013.09.03 | | Comments(0) | 遊び

«  | HOME |  »

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。