ポーターズペイント塗


『辻堂の家』の現場。

外壁のガルバリウム鋼板張もあと少し。



今日は施主施工のポーターズペイント塗のお手伝いです。
すでに先週末に2日間塗装済なのですでに養生も下塗りも終わって
建て主さんの御夫妻も応援の御友人もすっかり手馴れていています。
私は主に養生とタッチアップのみのお手伝いでした。

42319.jpg

1階の寝室2部屋がポーターズペイント塗なのですが、メインカラーを
グレーとして、アクセントカラーが青と芥子色の2色。
施主施工で2色塗り分けとなると、色の切り替わる線をきれいに出すのが
なかなか難しく、養生のマスキングがとても大事ということですね。

42331.jpg

42337.jpg

玄関土間の墨入りモルタル用の墨です。
老舗の和菓子のようなパッケージにグッときます。

42334.jpg

7/12(日)にオープンハウスを開催決定しました。
近日中に詳細アップします。





2015.06.30 | | Comments(0) | 辻堂の家

富岡~軽井沢


週末に全く仕事とは関係なく軽井沢へ行って来ました。

時間があったのでせっかくだから途中の富岡で高速を降りて
世界遺産の富岡製糸場でも見ようかということになり、

たまたま通りがかって、TNAが設計したということを知っていた
上州富岡駅の駅舎も見学。



基本的には鉄骨造の屋根のみの建物のようで、細い鉄骨の
柱に装飾としてのみだと思いますが、レンガ積がまとわり
付いているという建物でした。
もしかして構造的にも意味があるのかもしれませんが。。

富岡製糸場の建築については特に面白みもなかったのですが
繭から絹糸を紡ぐ方法を実演にて初めて知りました。

27329.jpg

27335.jpg

富岡の街も他の地方都市によくあるように、昔はそれなりに
栄えていたであろう中心商店街が寂れて観光客以外に人も
少なく廃屋も目立つような少しさびしい感じで、幹線道路沿い
のみが少し賑やかで、日本全国どこにでもあるような大型の
店舗が並んでいるという状況でした。

一泊した後、軽井沢を軽く観光。

昨年設計を打診され、コスト的、工期的理由により受注に
至らなかった別荘がその後どうなったか気になって敷地を
見に行くと、大手ハウスメーカーにて工事中でした。。。


軽井沢はラッキーなことに梅雨時にも関わらず快晴。
ハルニレテラス周辺は建物も周辺もとても良い雰囲気でした。

27347.jpg

浅間山も軽く水蒸気が上がっている感じでしたが、観光にはあまり
影響はないみたいです。

27360.jpg

27357.jpg

27362.jpg

初めて感じましたが、軽井沢にも中国からの観光客の方がかなり
多く歩いていて目立ちます。


旧軽井沢方面も少し歩いてみました。


27376.jpg

美しい川沿いを歩いて

27377.jpg

お約束の吉村山荘。ほとんど使われてないようです。



27389.jpg

聖パウロ教会。

27395.jpg

誰も中にまで入ってこないので一人でその空間と流れる音楽を
しばらく満喫させて頂きました。

27400.jpg

銅板屋根の色と複雑なディテールもじっくり拝見させて頂きました。


以上、軽井沢小旅行でした。










2015.06.29 | | Comments(0) | 遊び

タイル張など


「田園調布の家」の現場。

この1週間でかなり工事が進んでます。



外壁のモルタル塗が完成。

27295.jpg

タイル張もかなり進んでいます。

27302.jpg

洗面脱衣室だけ内装がサワラ板張なのですが完成してます。

この家では外構工事が別途工事となりますが、7月末に完成お引渡しした後
お引越しと平行して外構と植栽工事に入るそうです。





2015.06.26 | | Comments(0) | 田園調布の家

玄関ドア


「辻堂の家」の現場。

今週末より施主施工のポーターズペイント塗が始まります。
それに備えて石膏ボードの下地パテ処理も完成。
平行して来週にはクロス張も完成する予定です。



木製建具も完成。これは玄関の引き込み戸。
これに建て主さんが用意したアンティークの真鍮製の取手を取り付ける予定です。

27286.jpg

オープンハウスも7/12頃に開催できそうです。
決定しましたら詳細をアップさせて頂きます。






2015.06.26 | | Comments(0) | 辻堂の家

家具の取り付けなど


『田園調布の家』の現場。

7月中旬には完成の予定なので現場はバタバタとしています。



屋根の板金工事はほぼ完成。

27229.jpg

外壁のラスモルタル下地もいつの間にか完成してます。

27230.jpg

玄関ドアの横に一部板張りの米杉材。

27274.jpg

造り付け家具も一斉に据付中。

27276.jpg

27258.jpg

来週には左官と塗装、木製建具なども始まってさらに現場が大変な
ことになりそうな雰囲気です。






2015.06.19 | | Comments(0) | 田園調布の家

施主施工中


『辻堂の家』の現場。

先週で大工さんの工事は終わり、今週は外壁が完成しているはずと
思ってましたが、梅雨のせいなのか先週からはあまり変わらず。
今日も途中から雨が降り出してしまって1人いた板金屋さんも
仕事を切り上げ。



すっかり人がいなくなり寂しくなってしまった現場ですが、内部では
建て主さんの奥様とその御友人がせっせとオスモカラーの施主施工中。
すでに手馴れた雰囲気で安心しました。
再来週からは4色使うこととなったポーターズペイントも施主施工です。

27224.jpg





2015.06.19 | | Comments(0) | 辻堂の家

システムバス


『田園調布の家』。

2階浴室のシステムバスの工事中です。
1.25坪サイズのかなり高級なお風呂で、部材のパネルも普通の
システムバスよりもずっと重いそうです。



建て主さんが持っているステンドグラスを2階のトイレの壁にはめ込む
予定なので採寸のため現物の確認。

27209.jpg

7月には完成予定です。



2015.06.12 | | Comments(0) | 田園調布の家

タイル張


『辻堂の家』。

外壁のガルバリウム鋼板横葺は下からゆっくりと仕上がってきてます。
手間がかかる仕事で申し訳ないですが、おかげでメンテナンスも
楽で長持ちする外壁となるはずです。



この家ではタイルを水廻りの壁に2種類張るのですが
それはすでに仕上がっていました。

27169.jpg

室内の塗装は全て施主施工。壁は主にビニールクロス張ですが、
部分的に使うポーターズペイントの色も現場で決定。
グレー系の地色+3色のアクセントカラーとなる予定です。

27155.jpg




2015.06.12 | | Comments(0) | 辻堂の家

隠し樋


『田園調布の家』。

屋根の板金工事が始まり、複雑な納まりの隠し樋ができてました。

26974.jpg

内部は天井にボードが張られて徐々に最終形に近づいてます。






2015.06.05 | | Comments(0) | 田園調布の家

オイスターホワイトの外壁


『辻堂の家』。

外壁の工事が進んでます。

外壁はガルバリウム鋼板の横葺。当初はモルタルリシン吹付の予定だったの
ですが、見積もりの過程で意外とモルタルを塗るよりも板金の方が安いのでは
ないかということになり、いわゆるローコストというと真っ先に浮かぶ小波板張
でなく、建て主さんにも気に入って頂いたこの横葺でもそれほど高くはならない
ということがわかり採用となりました。

色は黒やシルバーでなくオイスターホワイトというアイボリー系の色なのですが
つや消しでなかなかしっとりとして北欧風にも見えるいい色です。



2階の一部の外壁には杉板を張るのですが、色はつけないで透明な木材保護塗装
を塗っていて枯れた感じの木の色となる予定です。

26919.jpg

内部では大工さんの手による造作家具もいくつか完成。

26950.jpg

大きな窓にもガラスが入りました。

26952.jpg





2015.06.05 | | Comments(0) | 辻堂の家

4年目のアフターケア


お引渡ししてもう4年にもなる 腰越の家 にアフターケアにお伺いして来ました。



外壁は真っ黒な木材保護塗装を通常の2回塗でなく3回塗としておいたので
かなり持ちがよく、新築当初から全く劣化していないところがほとんどですが
一部日当たりや雨風が強く当たるところで少し痛んでいるところがありましたが
でもまだまだ再塗装する必要はないです。
海からはかなり距離がある場所ですが、崖の突端という立地なので台風の
時にはものすごい風雨で中にいるのが怖くなるほどだそうです。

26902.jpg

今回の相談はLDの大きなはめ殺しガラスの件で、季節や気候によって
一枚だけペアガラス内部で結露が生じてしまうということ。
その日は晴れた日だったので結露はしてないですが少しだけ内部に曇り
が見受けられます。
他のガラスは問題なく、雨漏りも特に心配はないので眺望を重視したこの
デザインはそのままとしてガラスを一枚だけ交換するということになりました。
原因は不明なのですが、元から不良品だったのか、やはり強烈な風雨に
よるガラスの”しなり”などによってペアガラス内部の気密に亀裂が
生じてしまったのか。。

26901.jpg

それにしてもここの景色は相変わらずの絶景です。天気も良くて最高でした。




2015.06.05 | | Comments(0) | 腰越の家

オープンハウス御礼&竣工写真アップ


土曜日の『WEISS』オープンハウスにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

早速ですがオープンハウスのときに撮影した竣工写真を
こちらにアップしておきました。

もともと築12年の新しめのマンションで共用部も充実した立地の良いマンション
なのですが、リノベーションによって新築以上にきれいに、そしてさらに
使いやすい住戸となったと思います。



281.jpg

377.jpg





2015.06.01 | | Comments(0) | WEISS

激しく揺れたようで


土曜日の夜の地震、かなり揺れましたね。(横浜市中区は震度4)
翌日、心配で事務所を確認してみたら案の定こんなことに。



同じ週の月曜日の昼の震度3程度の地震でもこのスチールラックが
倒れ掛かっていたので、金物の向きを変えてボルトを締めなおして
耐震性を格段にアップしておいたのですが。。。残念。

うちの事務所は10階建てペンシルビルの10階。地盤もかなり弱い地域
なので相当揺れたのでしょう。一昨年までいたすぐ近所の3階建て鉄骨ビル
に事務所を構えていたときにも小さい地震でもすごく揺れを感じていて
それに比べると今のビルはあまり揺れないなあと感じていたのですが
甘かったようです。

26884.jpg

キャビネットの引き出しも全て前にスライドして重心で倒れ掛かってます。

26889.jpg

棚の上の模型用のミニカーも落ちて散らばってました。月曜の地震では何とも
なかったのですが。

どちらの日も事務所に誰もいなかったのでどれくらい揺れたのか体感
できませんでしたが怖いくらい揺れたのでしょう。

今回の教訓としては、「トップヘビー」は厳禁ということ。
倒れたスチールラックは一番下段に割りと軽いものを置いていて、
上3段に重いカタログ類を満載したため重心が悪くて倒れやすくなって
いました。入れる位置を変えて、一番下に重いものを置くようにした
だけで、揺らしてみてもすごく安定しました。

身を持って地震の怖さを体験できたので、これはかなり勉強になりました。
格好悪いけど耐震突っ張り棒を導入すべきか迷います。。




2015.06.01 | | Comments(0) | 未分類

«  | HOME |  »

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori