スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

地盤改良掘り起こし


『谷戸坂の家』の現場。

先週に柱状地盤改良を行って今週より基礎工事です。
柱状地盤改良の杭(土をセメントで柱状に固めたもの)の頭が
出るまで掘り起こしています。




スポンサーサイト

2016.07.26 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

夏期休業のお知らせ

当事務所、今年の夏休みは例年より少し早く
2016/7/30(土)~8/7(日)まで休業させて頂きます。

国内旅行ですが主に瀬戸内芸術祭を見てきます。
(メールは見れます。電話も基本的に通じます)

poster-2016-03.png

翌週のお盆休み期間は代わりに働きますのでよろしくお願いいたします。

2016.07.25 | | Comments(0) | 未分類

大桟橋からの花火


この三連休、結局月曜は仕事でしたが土日に2日連続で行われた横浜山下公園の沖での花火大会を土曜日に見てきました。

8月の神奈川新聞の花火大会に比べて打ち上げ数も少なく(15000発vs3000発x2日)、割と地味なのであまり混雑しないで見れる花火大会なのですが、今回は横浜大桟橋に有料(1000円)で入場できるということで初めて大桟橋から見てきました。



有料ということもあってかなり会場はゆったりしてます。床はウッドデッキでちょうど良い感じで傾斜していてくつろげるし、高い位置なので目の前の打ち上げポイントも見下ろすように目視できます。海の風も涼しくてとても快適。横に寝転んでも見れる花火は初めてでした。打ち上げ場所からも一番近いところなので、大玉の花火となるとほとんど真上に打ち上げられるような感じです。

3607.jpg

これだけ気持良く見れる花火もなかなかないです。




2016.07.20 | | Comments(0) | 遊び

地鎮祭です。


『谷戸坂の家』の地鎮祭が執り行われました。式の間は何とか雨が降らずにもってくれて幸いでしたが、終わってすぐにゲリラ豪雨となりました。

敷地が2年前に完成した『wedge』の敷地の真ん前で建て主さんも同じです。



設計契約してから地鎮祭まで相見積もり期間も含めて5カ月でできたので、超早くできたのですが一度経験済みで覚悟していたものの、この場所での許認可申請では、山手まちづくり協定、山手地区景観風致要綱、風致地区、急傾斜崩壊危険区域、建築確認申請と5か所の申請部署を廻る必要があり、申請対応ではかなり苦労しました。

来年の2月完成を目指し頑張ります。


2016.07.15 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

大崎での新しい計画


珍しく東京都心の大崎で新しく木造3階建て住宅の計画が始まります。
朝からものすごく暑い中、敷地の現況測量と地盤調査に立ち会ってきました。
再開発されて随分ときれいな街となった大崎駅からもすぐ近くの場所で、敷地面積は75㎡ほどあります。

割と起伏のある古くからの住宅地のようで、戦前からずっとそのままだという大谷石の擁壁(裏のお宅の敷地)がしっかりしてそうに見えますが法規的にはやっかいです。建物は敷地目一杯に建てざるを得ませんがその大谷石の擁壁は安全を確証されていないという扱いで、いつ崩れてもこちらの建物が被害を受けないようにある程度の高さまでを鉄筋コンクリート造の防護壁をつくらないといけません。



3410.jpg

2階程度の高さから見た眺め。駅前の超高層マンションがそびえ立っています。
2階建てと3階建が混在する周辺の状況を考慮して、LDは最上階の3階に設ける予定です。




2016.07.12 | | Comments(0) | 大崎の家

地盤改良始まる


鶴見の鉄骨3階建て住宅、『末吉大通りの家』の工事がいよいよ始まりました。
まずは地盤改良工事。少し工事に立ち会ってきました。



3385.jpg

現場で直径80センチの穴を2mほど掘り進んでその穴にセメントを混入して固めるという
いわゆる柱状地盤改良なのですが、いつもの木造住宅の現場よりは少し大がかりな感じです。

地盤改良した柱の頂部は固まる前に所定の長さ(基礎の地中梁の下の高さ)で
ユンボで丁寧にカットしています。




2016.07.12 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

処女作詣で


独立したての暇な時期に取った「再開発プランナー」という資格を持っていて、まあ再開発に関係するような大型の案件はやっていないのでほとんど使用していない資格なのですが3年に1回、更新講習というのを受けないと行けません。

その会場がいつも千代田区の平河町というところで、その場所には実は結構な思い入れがあります。ゼネコン設計部に入社した1年目、半年間の現場研修から設計部に戻り、初めて一人でやれ!と設計を任された小さなビルが今でもしっかりとこの場所に建っています。

当時はバブルで超多忙だったせいか、まだ一級建築士も持っていない(受験資格もない)新入社員にも平気でこんな仕事を任せてしまう時代だったのでしょう。集合住宅専門の設計部署にいたのですが、忙しかったせいかオフィスビルの設計もよくこちらの部署に廻ってきていて、小さめの手頃な案件だったせいか「やってみろ」と任されて(とはいってもしっかり上司のチェックを受けながらというかたちですが)、それはそれは非常に張りきって取り込んだ思い出深い建物です。

その当時はまだ古いオフィスが多かった周辺には、いつの間にか超大型の新しいオフィスビルが建ち並んでいますが、築23年となるこのビルもしっかり残っています。外観はかなり汚れが目立ちますが、場所柄良いテナントにも恵まれているようで、管理の
行き届いた内部はきれいなままです。



今見るとデザインし過ぎでなかなか恥ずかしいものがありますが、小さな敷地に地下ガレージ+地上5階で目一杯のボリュームを確保するための必然的な間取りと階構成を基本として、今のように天空率制度などなくて必ず生じてしまう斜線制限状にカットされた斜め壁部分を意識してあえて不整形の屋根型としてます。これはシーラカンスに影響されてます(笑)

当時はコストもあまり意識しないで素材もある程度自由に選んで良かった!?ので凸面の特殊面状の45二丁掛タイル(槇さんの影響)に、今は懐かしい人造ガラスのネオパリエ、屋根は覚えたてのガルバリウム鋼板素地、、。
どこかに円弧(アール)を入れるのが流行していたのにもろに影響されて、屋上の機械室は円筒で囲み、その円弧の残骸を1階のエントランスホールにもデザイン的に取り入れるという、いかにも当時の新入設計所員がやりそうなやり過ぎデザインなので、できるだけシンプルなデザインを心掛けている今とは大違いなのですが、、でもやはり嫌いでなないです。
初めて設計ができて、図面に描いたものがそのまま現実として立ち上がっていく驚きと喜びの感情をここに来るたび思い出します。

3359_20160712102522052.jpg

エントランスホールはきれいなままで、天井のアルミスパンドレルを斜め45度に張ってみたり、名前も覚えたての大理石(ビアンコカララと蛇紋石)も使ったり、間接照明だけでは物足りず、バブル感の強いブラケット照明をいれてみたり、エレベーターの枠に無垢のステンレス厚板を使ってみたりと、、やりたいことをこれでもか集約してみましたというようなデザインです(恥)

3360.jpg

3368.jpg

3366_20160712110257f5d.jpg

これからも3年に1回は来るはずの原点のような場所なので、これからもずっとこのまま残ってほしいと思います。




2016.07.12 | | Comments(0) | 仕事

鉄骨3階建て住宅の現場始まります。


久しぶりに新しい現場が動き出しました。
横浜鶴見の幹線道路沿いに立つ鉄骨3階建て住宅です。



写真で見える更地部分のうち、奥の細長い一角に建ちます。

防火地域の3階建てのため耐火構造とする必要から鉄骨造としています。
木造と違って各業者が多忙のようで見積もりには大変時間がかかってしまいましたが
ようやくスタートです。




2016.07.06 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

旧カニングハム邸(吉村順三設計)


この週末に軽井沢にいて、一人でゆっくり時間をつぶせるカフェを探してみたら
ちょうど良いところがありました。

エロイーズカフェ

見学会の案内をもらっていて、吉村順三氏設計の旧カニングハム邸が改修されて
一般公開されているという情報をすっかり忘れていました。

とても広い別荘が、宴会場のようなホールとカフェ、貸別荘の複合施設に生まれ変わっていて
建物はかなり傷んでいるものの、緩い勾配の大屋根と深い軒のとても美しいプロポーションの
建物でした。

カフェも人が少なく、優雅な別荘ライフを過ごしているような感覚にひたれるよいお店です。
軽井沢の中心に近いのですがアクセスがなかなか面倒な場所で、今のところは穴場の
ようですが、そのうちに並ばないと入れなくなるように思います。オススメ。

3303.jpg



3273.jpg

3259.jpg

3260.jpg

3269.jpg





2016.07.04 | | Comments(0) | 建物

«  | HOME |  »

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。