裏窓から見える景色


『谷戸坂の家』の現場。上棟してこれからは毎週現場定例打合せが始まります。



第一種低層住居専用地域のため北側からの斜線制限が厳しく、敷地の南側の庭をとってなるべく大きな面積を確保しようとするとこのように切妻+寄棟屋根となることがほとんどです。1階+2階で50坪近い3LDK+ロフトの賃貸住宅ですが、場所柄外国人向けの賃貸を想定してLDもKも各寝室も全て広くして、水回りも充実させています。また唯の賃貸住宅としては立地が良すぎるため、将来的に店舗や事務所への転用もしやすいような間取りも意識して設計しています。

5988.jpg

外壁の軸組に窓の位置の開口がすでに空けられていたので、各窓からの景色をチェック。2面道路に面しながら、裏側も隣接している建物が低いため背後のフランス山の緑が見えることは想像通りでした。お風呂からはこの緑が綺麗に見えるのですが、想像外だったのはその窓から顔を出せばマリンタワーまで見えてしまうこと。これなら山下公園の花火まで見えると思います。

2016.08.31 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

女木島の名画座


朝一の船で女木島に着き、午後は男木島に行きたいので作品を駆け足で鑑賞。



4644.jpg

4651.jpg

スレートの倉庫らしき建物をリノベーションしたらしい「女木島の名画座」。

4654.jpg

ちゃんと映画も見れそうだし、恒久的に使えそうな作品です。

4659.jpg

後に知ったのですが、瀬戸内芸術祭の総合プロデューサーの北川フラム氏がこの作品の受付のボランティアをちょうどこの日あたりに行っていたそうで、そういえばそんな雰囲気の人にパスポートを見せたような気がします。作品数がやたらに増えてボランティアの人員もかなり不足してそうでしたが、酷暑の中で冷房もないところで頑張っているボランティアガイドの方たちには感謝です。






2016.08.30 | | Comments(0) | 遊び

女木島の風景


女木島は高松港からも泳いで渡れそうな距離。高松市民にとっては水着のままフェリーにのって海水浴にやって来るような島です。隣の男木島と航路が共通なので、瀬戸内芸術祭では大体、女木島と男木島の2つの島はセットで、今回も1日はこの2つの島を回って来ました。



4537.jpg

古民家にコンクリート打ち放し用の化粧型枠のオレンジ色のアクセントという配色をよく見かけました。結構流行っているのかもしれません。

4589.jpg

4594.jpg

小学校の時の通学路で見たような昔のままの風景が島中に残っています。

4646.jpg

4742.jpg

4696.jpg

短い滞在時間で唯一見かけた女木島の猫。








2016.08.29 | | Comments(0) | 遊び

上棟しました。


『谷戸坂の家』、上棟しました。



5927.jpg

その後、中華街で上棟のお祝いの席を設けて頂き、、飲みすぎで二日酔い。今日は仕事になりそうにありません。



2016.08.26 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

堀商店MCS型


朗報です。以前ブログに書いた堀商店の小さめのレバーハンドルが復活するそうです。堀商店の営業の方がそのブログを見てわざわざ報告に来てくれました。

すでに新しいカタログにはシルバーの在庫品は掲載されていて、廃番となっている真鍮磨きのものも年内を目途に限定数で再販されるそうです。早速2個お願いしました。久々に現物を見るとやはり小さくて可愛いです。うちの設計ではほとんど引戸なので、トイレと玄関くらいにしか開き戸は使わないのですが、トイレのドアは幅60センチくらいに小さくすることが多いのでこれが丁度よい大きさだと思います。



その他、堀商店の特長である棒カギ(トライデントシリンダー)もオプションでデザイン変更がお手軽にできることも教えて頂きました。これも使えそう。情報ありがとうございます。

5890.jpg



2016.08.24 | | Comments(0) | 仕事

迷い道


犬島は人口50人くらいしかいない小さな島。

とある民家の前で年配夫婦の瀬戸内芸術祭のお客さんが、住人のおばあさあんに呼び止められて島の歴史のレクチャーを強制的に聞かされていて少し面白かった。おばあさん的には沢山のお客さんが来ても、島の歴史を良く知らずに帰っていくのが許せないようです。90歳くらいかなというおばあさんで、銅鉱石からの銅の精錬方法など精錬所が操業している時代のことを詳しく教えてくれました。

4445.jpg



島を歩いていて少し道に迷いこんな風景が。




見たこともない車なのか、ゴルフカートのような乗り物も。

4360.jpg


なかなか奥が深い島です。


2016.08.24 | | Comments(0) | 遊び

GR-Dの話

夏休みの旅行中に愛用のコンパクトデジカメGR-DIGITALを落としてしまったせいか(結構よく落とします、)カメラの角のプラスチック部分が少し割れてしまっていることに気づきました。5年延長保証に入っていたのでもしかして保証が効くかなと保証書を探してみたらすでに6年目。GR―初期型、GR-DⅢと気に入って2台に渡って使い込んできたのでそろそろ買い替えかなと。。検索してみると、GR-DIGITALは名称から「DIGITAL」が外れて「GR」(すでにモデルチェンジして「GR-Ⅱ」)となって性能アップして生まれ変わっていたようです。レンズのF値が大きくなって暗くなったようですが、撮影素子数が大幅にアップしている模様。

ミラーレス1眼と迷うところですが、レンズキャップのないコンパクトデジカメは現場などでやはり重宝します。iPhoneのカメラでも十分綺麗に撮れるのですが室内の撮影が多いので広角レンズじゃないときつい。GRの買い替えを一応検討してみますが、もっと安くなってからですね。昔はえらく安く買えたのですが。



2016.08.24 | | Comments(0) | 遊び

土間の床暖房


『谷戸坂の家』の現場。台風などで天候不順なのですが何とか明日上棟できそうです。



これは先週末の写真。1階は全てタイル張の土間なのですが床暖房の配管をコンクリートに埋設しています。ガス熱源で温水床暖房としますが、暖房の立上がりに時間がかかりますが、土間のコンクリートにたっぷり蓄熱することができるので上手に使えば一日中暖かい家とできます。




2016.08.24 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

自然と美術の標本展


日曜日に横須賀美術館にて展示最終日だった「自然と美術の標本展」を見に行ってきました。夏休みの子供たちを意識してのプログラムではあったと思いますが、大人が見てもとても楽しめる内容でした。



5827.jpg

幻獣の標本作品。作品点数も多く密度が濃いです。この作家は今後ますます有名になりそうです。

5842.jpg

昆虫標本をスキャナーで読み込んで人と同じサイズに拡大した作品。写真で撮るよりもスキャナーで読み込むほうが高精細な画像が得られるそうです。昔はお墓とかでよく見かけたハンミョウ。もう何十年も見ていないです。

5835.jpg

トンボの羽根もまじまじを拡大してみるととても美しいです。羽根の骨格というか模様がとても美しくて、これを建築に流用したいという気にさせられます。

とても面白い展示で行ってよかったです。満足。



その後は行ってみたかった、三浦の外れにある小屋をリノベーションしたベーグル屋さんへ。

みやがわベーグル

とんでもなく辺鄙な場所にあるお店でしたが、土日だけ営業しているようです。場所のハンデにもかかわらずお客さんもちらほら見えてました。メニューは少ないですがなかなかおしゃれなお店です。

5845_20160824114912555.jpg






2016.08.24 | | Comments(0) | 遊び

妹島和世さんの改修作品(犬島)


犬島の家プロジェクトも作品が増えてます。妹島さんによる最初の建築作品は白壁とアクリルのショーケースの中にビビッドなアートを閉じ込めるという新築の建屋で、犬島の古民家群の中にそんなものを置けばそりゃ目立つだろう、、犬島にいきなり東京を持ち込むようなものだから、、と冷ややかに見ていたのですが、最近建ったものは言い意味で変えてきているようです。古民家をリノベーションしたものを3件ほど見ましたが、いつもの妹島さんらしさをほぼ捨てて犬島の風景になじむものを作ろうとしているようです。(イメージ的にはズントーの作品を連想させます。)建築がやたら目立つことなく中の作品はしっかり浮かび上がる良い場所となっていました。




4214.jpg

4475.jpg


そんな中で妹島さんと関係ないですが近くで気になるものが、、

4225.jpg

植木を刈り込んだものか、それにしては何か変だと近づいてみたところ

4243.jpg

緑に覆われた岩でした。面白いことに神社の祠がその岩に寄り添うように建てられています。山の頂上ですがこれなら強風も避けられて理にかなった建ち方ですね。地元の人らしきボランティアガイドさんに聞いてみたところ石の仕事に従事する人たちのための昔からある神社だそうです。ガイドブックにも紹介されていないのですが面白いものを見ました。




2016.08.17 | | Comments(0) | 建物

閑谷学校再訪


この夏休み中の旅の記録がまだまだ続きます。長い旅だったので写真が多くて紹介する順序がトビトビとなってしまってますが、横浜からはまず犬島を目指したのですが、少し早めに岡山について時間ができたので『閑谷学校』を再訪してきました。前回訪れたのが2009年の夏。http://mizarc.blog28.fc2.com/blog-entry-239.html こちらのブログでレポートしてます。

まったく何も変わっていないのですがやはり静かに落ち着ける場所です。そのうち世界遺産にもなりそう。。春の桜や秋の紅葉にもぜひ訪れてみたいところです。



3861.jpg

4068.jpg




2016.08.17 | | Comments(0) | 建物

松本にて


中央道で帰るついでに松本にも寄りました。訪れるのは初めてですがクラフト作家のお店など目当てです。



著作などをよく読ませてもらっている三谷龍二さんのお店「10センチ」。デザインが隅々まで行き届いています。松本では他にも薬局をリノベーションしたショップやギャラリーなども短時間ですが訪れてきました。

5695.jpg

松本城を見るのも初めて。黒くて渋いです。暑いし時間もなくて中には入りませんでした。



2016.08.16 | | Comments(0) | 遊び

基礎配筋検査


終戦記念日ですが、、検査機関もお休みではなく『末吉大通りの家』の基礎配筋の中間検査でした。小さな断面の地中梁に太めの鉄筋がぎっしりで現場の苦労がよくわかります。



5779_20160815172159582.jpg


2016.08.15 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

板取川で川につかる


子供のころから綺麗な川というのが身近になかったので川遊びというのをほとんどやったことがありませんでした。名古屋に1年住んでいた頃に一度行ったことがある岐阜県の板取川に寄って、少しだけ川につかって涼をとってみました。本当は泳ぎたかったのですが。




5626_20160815172153f89.jpg

2016.08.15 | | Comments(0) | 遊び

基礎コンクリート打設完了


『谷戸坂の家』は基礎工事完了しました。
8/25に上棟の予定となっています。



2016.08.15 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

モネの池


夏休み、四国からの帰り道は山と川を見て帰ろうと郡上八幡に一泊して中央道より帰ったのですが、郡上八幡の近くに噂に聞いた「モネの池」があることを知り(Google Mapにしっかり載ってました)これはめったにない機会だからと行ってきました。



朝早くいったので山にさえぎられてあまり日が差し込んでいなかったのと、季節的に蓮の花の咲く時期を過ぎていたのが残念でしたが、やはりきれいなところでした。神社の参道脇の池で、隣の山からの湧水を貯めているので水はとても綺麗です。すぐ近くの園芸屋さんが管理しているおかげでこんなに綺麗に保たれているようです。

5573.jpg

それにしても朝9時前に行ったのにすでに人が溢れていてびっくり。広い駐車場も用意されていてガードマンもいてとかなりホットな場所のようです。

5552.jpg


2016.08.15 | | Comments(0) | 遊び

犬島の「家プロジェクト」


犬島巡りでは民家の間に点在する「家プロジェクト」も見てきました。
帰りの船の便も少ないし写真で見るだけだとピンとこなくてパスしていた作品群なのですが、廃墟と緑が混じり合うような人影もない民家の間を歩いていて出会うと、その置かれている場所と作品の対照的な光景に新鮮な驚きは感じてしまいます。
精錬所美術館は昔からあった風景を活かしたものですが、このように古い町並を背景として浮かび上がっているこの作品群を、島民が観光者目線でなくどのように感じているかは少し気になります。あまりにも民家のすぐ目の前に迫って建っていたので。



4407.jpg



2016.08.10 | | Comments(0) | 遊び

犬島の煙突


瀬戸内芸術祭では犬島にも久々に行ってきました。
精錬所跡地の煙突も数年前に見た時よりもかなり朽ちてきているようで、風が吹けば欠け落ちそうな状態でした。今回は精錬所の他に町のなかもぶらぶらしてきましたが、とても小さな島ですがなかなか面白かったです。




2016.08.10 | | Comments(0) | 遊び

アンカーフレーム


夏休みに入る直前の『末吉大通りの家』の現場。

小規模な鉄骨造で柱も10センチ角として木造同様のスケールで設計しています。
その分柱が多いだけに柱の位置出しが重要で、柱脚の位置を決めるアンカーフレームを鉄骨で作成してもらい、慎重に設置してもらっています。



2016.08.10 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

男木島の猫


先週早めの夏休みを頂いて、本日より仕事再開です。
夏休み中はいつものように四国への帰省ついでに瀬戸内芸術祭などを回ってきました。

今回は瀬戸内(香川、岡山)と、車での旅だったので帰り道に郡上八幡と松本に寄り道する旅となりました。たくさん写真も撮りましたので、追々紹介していきたいと思います。


この旅でのベストショット。

4917.jpg

男木島の猫です。男木島は猫が増えて猫島となっているという噂だったのですが、すでにそれが問題となって対策として島の猫はほぼ去勢、避妊を受けているようです。暑いせいかもしれませんが猫も5匹しか見かけませんでした。

片耳の先端をカットされているのが去勢、避妊済の証だそうです。まったく物怖じしない気品ある猫でした。


2016.08.08 | | Comments(0) | 遊び

«  | HOME |  »

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori