鉄骨下地関係


『末吉大通りの家』。

床のコンクリートも仕上がり、外壁の鉄骨下地なども出来てきてかなり家らしくなってきました。構造的にもがっしりと固まってきた感じです。



2016.10.28 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

庚申塚


葉山では庚申塚をよく見かけます。現場近くにもありました。



猿の肘と膝のあたりとかとても良い感じです。



2016.10.25 | | Comments(0) | 未分類

早速、地盤改良


葉山の新アトリエ。

地鎮祭も終わってまずは地盤改良工事。地盤強度的にはそこそこ固いのですが川の護岸とそれに続く斜面に面しているため安全安心のために地盤改良も行います。



工法は初めて採用するピュアパイル工法。従来の柱状地盤改良が現場の地盤を直径60センチほどで掘りながらセメントと土をかき混ぜて硬化させていくのに対して、この工法は直径20センチほどの鋼管を地盤に差し込んで穴をあけその穴の中にミルクセメントで杭を形成する方法です。現場の土を混ぜないので杭自体の成分が安定するのと、現場で残土がほとんど出ないのでコストも安くなるメリットがあります。


2016.10.25 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

自分ちの地鎮祭


葉山の新アトリエ兼住居の工事がいよいよ始まります。近くに御霊神社という小さな神社があってその神社は普段人がいない神社なのですがお祭りとかも盛んにやられていて地域に密着している神社です。今日は大安吉日、そちらを管理している鎌倉の八雲神社にお願いして地鎮祭を執り行って頂きました。



鎌も鋤も鍬も実用品で急ごしらえで準備させて頂きましたが、施主としての立場で迎える地鎮祭はなかなか良いものです。少し照れくさいような感じもありますがやっぱり地鎮祭はやった方がよいですね。

工事が始まる前のひたすらいろいろと考えている楽しい時期は終わってしまいましたが、来年5月の完成に向けてじっくりと現場を見守っていきたいと思います。


2016.10.21 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

ポタリング日和


今日は関内のうちの事務所から午前中に元町で現場定例、午後はみなとみらいで施主打合せ。こんな日は事務所常備の折り畳み自転車が大活躍します。
季節外れの素晴らしい陽気でカメラをぶら下げて、みなとみらいあたりををゆっくりポタリング。横浜の海近くは自転車に丁度良い街です。



6950.jpg

6959.jpg

6979.jpg

6993.jpg

2016.10.20 | | Comments(0) | 遊び

あえて古いカメラを入手

6年以上ハードに使っているデジカメGR-DⅢがそろそろまずそうで、オートフォーカスのタイミングのズレ、遅さが気になり始めていました。何度も落っことしているのでプラスチック部分が欠け、ビスも2個ほど無くなっています。

というわけで新しいカメラを物色していたのですが、最新のハイエンドコンデジ(Canon G5-xには心惹かれます)だと立派すぎて同じようにハードにがんがん使えなさそうなのでここはあえてGR-DⅢと同じくらいの時期に発売されていたGX-200を中古で安く入手しました。レンズの明るさや適当に撮っただけの画像の良さはやはりGRにはかなわないようですが、寄った写真も撮りたくてズーム付のコンデジが欲しかったのです。



3代続けてリコーの同じようなカメラを使うことになりますが、デザインはもちろん電池やソフトも共通で使えるのがとても便利。ちなみにショット数を確認してみると初代GR-Dが約14000、GR-DⅢが約38000、新しく仲間入りしたGX-200が約2800でした。




2016.10.18 | | Comments(0) | 遊び

鉄骨、上棟しています。


『末吉大通りの家』。鉄骨も組み上がり、確認検査機関の中間検査を受けました。

壁を薄く収めるために、10センチ角の細い鉄骨と鉄板プレートによる薄い筋交いで組んだ、逃げのない構造ですが上手く納まりました。特に華奢な感じもせずがっちりしています。



6831.jpg

2016.10.18 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

written in the west


Wim Wendersの昔の写真集の増補版を入手。
昔持っていてすごくお気に入りだったのですが、引越しの整理でバラバラにしてお気に入りの写真だけ額に入れてしまっていました。新たに写真も追加されハードカバーとなり、Amazonで英国から届きましたがかなりお安いと思います。




2016.10.17 | | Comments(0) | 遊び

目黒のTRATTORIAと、恵比寿のアンティークタミゼ


目黒の庭園美術館から恵比寿の写真美術館の間で見た建物。

6643.jpg

TRATTORIAと看板がかかっているこの建物。ものすごく恰好良いと思いませんか?
H型の柱梁の構造は白く、赤いタイルと黄色い塗り壁で塗り分けただけなのですがなんとなくメキシコっぽいです。



恵比寿では一度行きたかったカリスマ骨董屋さんのアンティーク・タミゼにも寄ってみました。15世紀の器とかすごいものがたくさんあって圧倒されますが、木製品とか照明器具とかは割安に思えるようなものも多くて次はしっかり買い物をしに行こうと思います。



2016.10.11 | | Comments(0) | 建物

ボルタンスキーと庭園美術館


三連休は天気もいまひとつで、東京で見たかった展覧会を2つ見に行ってきました。


20年ぶりくらいのような気がする庭園美術館。豊島や越後妻有でいくつか作品を見てきたクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会が行われています。



本館の建物自体も来ない間に大きな改修がなされたようでとても綺麗でした。中は撮影できませんでしたが(平日は撮影OKだそう)、外観がさっぱりしているのに比べてアールデコの装飾の密度がすごかったです。

6603.jpg

新しくできた新館。何の情報もなしに見てこの美しい建物は谷口吉生氏の作品なのだろうと思っていたら設計は久米設計によるものでした。この後に写真美術館でも見た写真家の杉本博司氏が建物のデザインに関係しているようです。

6605.jpg

渡り廊下のガラススクリーン。見たこともないガラスですが倉俣史郎さんの作品などで有名な三保谷硝子店によるものらしいです。

6619.jpg

このカフェは満席でしたが非常に気持ちよさそうです。

6607.jpg

内部のボルタンスキーの作品。

6611.jpg

豊島の映像です。展示室の床に藁を敷き詰めてあってその匂いが印象的でした。

6635.jpg

大木が茂る広大な園内は近くの人たちのオアシスとなっているようでうらやましい限りです。




2016.10.11 | | Comments(0) | 建物

外壁羽目板張 始まる


『谷戸坂の家』。

外壁の羽目板張りが始まりました。

板の断面が雄型と雌型の2種類を交互に張っていくので、考えながら割り付けていくのに少し時間がかかるみたいですがすぐに慣れてくれると思います。



内部は吹き付け断熱材の補修とはみ出した部分のカットなどを行っていました。

6683.jpg



2016.10.11 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

葉山に土地


葉山を流れる森戸川。カルガモや鯉が悠々と泳ぎ、上流には蛍が現れ、下流には鮎も遡上してくる川です。その森戸川と6m幅の程よい交通量の旧道に挟まれ、両隣も畑と駐車場で空間が空いている小さな土地を1年半ほど前に手に入れました。



土地の地積更正や隣接する青地取得などの諸々の手続きをゆっくり進めていましたが、そこに自邸+アトリエを建てる計画が動き始めました。既に実施設計も見積もりも終わりそろそろ着工となりそうです。

今後、建主かつ建築家の立場でいろいろとこのブログで書いていこうとも思ってます。

それにしても最近復活したGoogleの3D航空写真は使えます。空中散歩ばかりしてます。



2016.10.08 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

Silicon Valley


Amazon Prime Videoも観れることだし、そろそろHuluをやめたいところですが
ドラマ「Silicon Valley」が面白すぎてしばらく抜けれそうにありません。




2016.10.08 | | Comments(0) | 遊び

久々の鉄骨検査


「末吉大通りの家」。

鉄骨製作に時間がかかってましたが、ようやく出来上がったということで川口市まで鉄骨原寸検査に行って来ました。
横浜からだと遠いなと(電車だと約2時間)早めに出かけたのですが、高速道路がほとんど渋滞もなくて1時間ちょっとで着いてしまって、意外と近いです。



あいかわらずどこの鉄骨工場も忙しく、分業体制でこの工場は柱だけの製作。梁は千葉の工場にて製作してます。

6414.jpg

6421.jpg

木造住宅スケールと同様の10センチ角の角柱としたので、製作はいろいろと大変なようです。

6426.jpg

超音波による非破壊検査。その原理はわかりにくいのですが、言うなればものを叩いてその音で隙間があいていないか判断するようなものです。

今週中には上棟する予定です。



2016.10.04 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

«  | HOME |  »

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori