スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

設備関係


「葉山の新アトリエ」の現場。

今週はとうとうウレタン断熱の吹付工事が入るので、その前に壁に埋まってしまう設備関係の配管配線も済ませておく必要があります。小さな3階建ての家で各階+屋上に給排水があり、パイプスペースも余裕があるわけではないので配管類がこのように集中することになってしまいます。この設備の配管ルート、配管スペースだけはよほど余裕を見てない限り設計通りに上手くいくことはまれで、結局配管スペースを大きくせざるを得ないことがほとんど。こういう状態を見てしまうと、トイレは家に一つでよいのではないかとか、お風呂の追い炊きも要らないのでは、LANは全て無線LANでよいかという考えも浮かんでくるのですが、なかなかそうはいきません。

9577.jpg


この前現場で施主塗装した外部の部材も取り付けられてました。これは道路側の建物の顔となる部分なので2階の木製サッシと3階の非常用進入口(火事の時消防隊が入ってくる入り口)を縦につなぐ大きな枠材。外壁が杉の下見板なので枠も大き目のものを太く見せて木の存在感を出していきます。




スポンサーサイト

2017.01.31 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

基礎配筋検査


『大崎の家』は基礎の配筋工事が完了しました。



9544.jpg

敷地背後にお隣の敷地の古い擁壁が迫っているおかげで、擁壁が万一崩れたとしてもこちらの建物に被害が及ばないようにこのような防護壁が必要となります。建物を擁壁から4mほど離せられればいいのですが限られた敷地面積でそのようなことができるわけはなく、このように1階には開口部も設けられず分厚いコンクリートの壁が必要となり平面計画的にもコスト的にもかなり不利となってしまいます。不公平といえば不公平なのですが、安全最優先ということなので。



2017.01.31 | | Comments(0) | 大崎の家

お引き渡し完了


『谷戸坂の家』は本日お引き渡しが無事終わりました。

工事もかなり順調に進み予定工期より2か月も早く完成し、借主さんもすぐに決まって喜んで頂けたのではないかと思います。
この家は2年前に完成した「wedge」の建て主さんより引き続き御依頼頂いた仕事で、このように過去の建て主さんやその御家族、御友人からのお仕事の依頼が増えてきて、設計者冥利に尽きるというか大変喜ばしく思っています。



お引き渡しの前日には完成写真も撮影してきました。「wedge」と並んで立つ立地で、同じような仕様というわけにはいきませんでしたが、2軒並び立つと何だか街づくりをやっているような感触も得られて意味ある仕事だったと思います。

完成写真が整いましたらサイトの方にアップしておきます。



2017.01.31 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

枠まわりなど打合せ


『末吉大通りの家』の現場。今日は、電気屋さんも現場入りしていたのでその打合せと、鉄骨造ならではのやっかいなサッシ廻り、枠廻りの打ち合わせを行いました。



現場の周辺には当事務所で過去に設計した住宅や建売住宅がかなり多くあって、少し見て歩いて懐かしみつつ帰りました。


2017.01.25 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

植え付け立ち合い


『谷戸坂の家』の現場はいよいよ来週お引き渡しとなります。地域柄、主に外国人向けの一棟貸し賃貸住宅としていますがすでに入居される御家族も決まっていて、入居者への使用説明も済んでます。

今日から植栽工事に入るということで植木の植え付けの立ち合いに行ってきました。



9409.jpg

敷地が風致地区なので条例で最低限決められている本数だけなのですが、やはり植木が有ると無いとでは”完成した”感が全然違います。植木を植えること自体を維持管理の面から毛嫌いされる建て主さんもかなり多いので、風致地区に指定されて植栽義務があるということは結構よいことのように思います。

9361.jpg

9422.jpg

植木の微妙な位置や枝ぶりの向きも全て植木屋さん任せにするよりも設計者が立ち会った方が意図がうまく伝わります。今回用意してもらった木はシマトネリコ、ブラシの木、フェイジョア、ヒメシャラ、アオダモと、下草類がマホニアコンフーサ、ビヨウヤナギ、オタフクナンテン、タマリュウ、ヒメイワダレソウ、フッキソウ、、根絞めにトサミズキとガマズミという感じ。目の前の通りから見下ろされる敷地なので目隠しとなる常緑樹が多めのラインナップとなりました。





2017.01.25 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

施主施工(ウッドロングエコ塗)


葉山の新アトリエ。

この家は施主支給も多いですが、施工も自分でできることはなるべくやろうということで施主施工部分もかなり多め。まずは外壁廻りのウッドロングエコ塗を行いました。外壁材自体はすでに工場塗装にて塗装済なので今回塗るのは見切縁などだけなので大した量でもなく、午前中だけで2回塗仕上が完了。



木を腐りにくくするという謎の成分の粉を水で溶いて2回塗るだけなので、失敗もしようがない簡単なものなのでこれを塗装屋さんにやってもらうのも失礼な感じ。透明なので塗った部分と塗ってない部分がわかりにくいのですが、塗ってしばらくするとこのように枯れた色となってきます。時間が経てばもっと黒ずんでくるはずです。


2017.01.24 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

横浜スタジアム


横浜スタジアムは横浜公園内にあるのですが、外から中が覗けるようになっていて通りかかる度ちょっと覗いていきます。



草野球チームが対戦中でした。野球はバッティングセンターにたまに行く以外やらないのですが、こんなに気持ち良い場所で一度プレーしてみたいところです。。。


2017.01.18 | | Comments(0) | 遊び

建物兄弟


「谷戸坂の家」の現場は後は植栽を残すのみとなりました。



本計画と並んで背後に見えるのが当事務所設計の「wedge」。建て主さんも同じで2つ家の間に何か統一感を持たせようということで、鉄筋コンクリート打ち放しとカラマツ羽目板張とで素材は違うものの色は似たようなグレー色としました。wedgeの方は鋭角な三角形の平面ですが、この谷戸坂の家はこの方向から見ると三角屋根が目立ちその相似性も感じられるように思います。

9186.jpg

ダイニングのペンダント照明。いつもお世話になっているflameの製品です。極めてシンプルで魅力的な照明器具のラインアップを持っているメーカーなのでいろんなペンダントライトを使ってきましたが(価格もヤマギワの名作のペンダント照明などよりずっと安い)このステンレスバイブレーション仕上のものは初めて使います。

9187.jpg

クールな印象もありながらバイブレーション仕上げのやさしさも感じてかなり良いです。

最近はこのflameの他にもシンプルで良い照明器具をつくる国産メーカー、工房が増えてきているようです。APROZとかNEW LIGHT POTTERYとかTAIGA Lampとか、、選択肢が広がりうれしいです。





2017.01.18 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

ユリカモメ


前回写真をアップした人懐っこい山下公園のカモメ。



カモメとウミネコの見分け方を調べてみたら、これはユリカモメのようです。(足と嘴が赤)
渡り鳥じゃなくて夏に見るのはウミネコで、こんなに可愛くはなくて目が怖いです。



2017.01.17 | | Comments(0) | 遊び

遣り方始まる。


『大崎の家』の現場。地盤改良した後の年末年始の基礎屋さんの都合で工事があまり進んでいませんでしたが、ようやく基礎工事に入ります。本日は基礎の位置高さの確認の検査。ここからは工事も増員して遅れを挽回するそうです。



ちなみにこの現場は大崎駅が目と鼻の先という都心なのですが、埋蔵物包蔵地に指定されていて基礎工事の際には品川区役所の担当が何か出てこないか現場を見に来ることになっています。


9149.jpg

ずっと気になってますが、現場へ向かう途中の駅前のソニーのビルがかなり格好良いです。





2017.01.17 | | Comments(0) | 大崎の家

葉山マリーナ


現場からの寄り道。葉山マリーナの夕景。



9119_20170117134320811.jpg

9121.jpg

富士山には笠雲。雲のかたちによれば明日も晴れのようです。





2017.01.17 | | Comments(0) | 遊び

板材到着


葉山の新アトリエの現場。

施主支給で直接メーカーに発注していた外壁の下見板とフローリングが届きました。材料の置き場所がなくなるかもと恐れていましたが意外とコンパクトな梱包。自分で数量を見積もってかなりぎりぎりな本数で頼んであるので無駄のないように上手く使ってもらわないと追加発注をかけないといけなくなります。



ナラ無垢フローリングは国産にこだわり北海道産です。

9086.jpg

川の対岸から見た感じ。屋根の合板と黒い防水紙が張られて屋根の存在が目立つようになってきました。

9114.jpg




2017.01.17 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

木下地、進んでます


『末吉大通りの家』の現場。

昨年まではゆっくりと工事が進んでいた現場なので、しばらくぶりに現場に来てみたら大工さんが3人態勢で木工事がどんどん進んでます。外壁が板金葺きなので、板金屋さんが来てくれればここから先は工事も早く進んでいきそうです。



9056.jpg



2017.01.13 | | Comments(0) | 末吉大通りの家

横浜港の渡り鳥


現場の帰り道の山下公園。この季節は渡り鳥が多くてにぎやかです



カモメの他にカモやあまりみかけない鳥(キンクロハジロ?)など。。

0705.jpg

舞い踊るカモメたちとカモメおじさん。

0712.jpg


0713.jpg

かわいい。。


2017.01.11 | | Comments(0) | 遊び

外構工事


『谷戸坂の家』の現場。検査機関の完了検査も終わり内部工事はほぼ完了。今日はお引き渡しスケジュールの確認とカーテンの打ち合わせでした。1月末にお引き渡しとなりますが残念ながら今回はオープンハウスの許可は頂けませんでした。

0667_20170111154242637.jpg

外部は外構工事の真っ最中。駐車スペースの枕木は当初杉の枕木の予定でしたが、ここの地形だと腐りやすいということでいかにも腐りにくそうな枕木を持ってきてくれました。







2017.01.11 | | Comments(0) | 谷戸坂の家

屋根骨組み


葉山の新アトリエ。今年も工事始まりました。



早速飾り屋根の下地も取り付けられ

8984.jpg

なんとなく屋根のシルエットも浮かんで見えてきました。

木工事はできるとことからどんどん進んでいるのですが、電気屋さんと板金屋さんがまだ忙しいらしくなかなか現場に来れないのでそろそろ木工事が先に進めなくなりそうなのが懸念です。。




2017.01.10 | | Comments(0) | 葉山のアトリエ

アーセンプレイス子安の里


秋谷のお店がまだ新しくなる前の初期の頃に、美味しくてよく行っていたアーセンプレイス。
湘南国際村の坂道沿いに新店舗を建てる予定があるのは看板も立っていたので知ってましたが、知らないうちにもうお店がオープンしてました。



広いドッグランを併設していて犬を飼っている人にはうれしいお店ですね。
ちょうど愛犬家の団体の集会みたいなものを行っているところでした。

8985_20170110143939dea.jpg

すぐ隣でとても流行っている喫茶店「まりん」と同じように広い敷地のあちらこちらに屋外席がたくさん有り。自分で入れるコーヒーバーもあって天気の良い日は気持ちよく長居ができそうなお店でした。



2017.01.10 | | Comments(0) | 遊び

法隆寺宝物館


両国まで来たついで天気も良いので上野まで下町散策しながら歩いてみる。

0462_20170104114412774.jpg

上野の森の国立博物館。初詣のついでに訪れたらしき人や外国人の観光客が多いですね。

0499.jpg

いつか見ようと思って近いからいつでも行けると未だに見ていなかった建築が博物館の奥にひっそりと隠れていました。谷口吉生氏設計の『法隆寺宝物館』。もう築15年になるそうですが久々に建築に感動させられました。

0500.jpg

0504.jpg

0615.jpg

丸亀の猪熊弦一郎現代美術館と似ていて入れ子風に重なった2重の箱にさらにガラスケースの中間領域が挟まれている構成。光と影の面、素材と色使い、完璧なプロポーション、外部周辺の調和、面よりも線が目立つ構成で、谷口吉生氏の美術館もかなりあちこち多く見ていますがこれが最高峰と思います。

0545.jpg

0556.jpg

0576.jpg

0566.jpg

0590_20170104114448a43.jpg

0537.jpg

0539_20170104114431bf1.jpg

中も撮影OKとのことでうれしくてずっと写真ばかり撮ってしまいました。何度でも訪れたいと感じる場所だったのでもう少し人の少ない時に再訪してみようと思います。









2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

江戸東京博物館


お正月1/2は、両国のすみだ北斎美術館に行ったついでにすぐ近くの江戸東京博物館にも初入館。昔に遠くから外観を見たことはあったけれど中に入るのは初めて。それにしても圧倒される巨大なスケールです。中にはファミレスみたいなレストランやお土産屋などが入っていて博物館というよりこれは駅ビルではないかという異様な感じだったので驚きました。



0449_20170104114410358.jpg

この日は常設展入館無料ということもあってか人も大勢入ってます。中の展示がすごいという噂はかねがね聞いていましたが確かにすごい展示量でした。次に行くところもあったので要所だけ見ましたが、内部の巨大空間は外光も入らない閉ざされた人口空間でありながら人も展示も多くて賑わいにあふれていて面白い場所ではありました。

0400.jpg

0423.jpg

この日は年末に新たに入手した中古コンデジのテストも兼ねていろいろと撮影。ジオラマのマクロ撮影にしばし熱中。

0412.jpg






2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

すみだ北斎美術館


今年の正月は久々に実家にも帰らないで時間があったので、1/2から開館しているという最新の話題建築『すみだ北斎美術館』を見てきました。設計は妹島和世氏。昨年末オープンですごく混んでいるという噂でしたが、朝早く行ったので特に並ばずにすぐに入れました(それでも中は人が多かったです)。



公園に面する4階建ての都市型の美術館で、敷地目一杯に建っていて裏側はスーパーと線路、他の面はマンションなどに面しているという、、いかにも下町に建つ美術館という立地です。外壁はフロストのかかったアルミパネルで直方体のボリュームに4方から平面的、立断面的な欠き込みが入って建物を分節していて静謐な印象もありながらも非常にインパクトのある外観です。

0348.jpg

1階は4方からエントランス可能な欠き込みによって4つの部屋に分節されていてその一つのホールから4階の展示室へとアプローチします。階段で3階の展示室へ下り、2階は収蔵庫らしく立ち入りできないようで再びエレベーターによって1階へと降りる動線。ロッカーや授乳室、トイレなどは地下にまとめられていました。都市部の美術館で1階のどこからでも入れるというコンセプトと引き換えに狭くて込み合うミュージアムショップとほとんど利用されてない割に広めのライブラリーとかなり使いにくそうな構成で、特にエレベーターのみによる観覧車の上下移動がちょっと難しいのではないかと感じました。






2017.01.04 | | Comments(0) | 建物

あけましておめでとうございます


本日より仕事始めです。



初詣は葉山の新アトリエの近所の御霊神社へ。

0297.jpg

森戸神社は長蛇の列だったので元日の日没だけ拝んできました。


2017.01.04 | | Comments(0) | 未分類

«  | HOME |  »

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。