スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

新規フローリング張


『WEISS』の現場。

新しくフローリング張が進んでいます。
既存のフローリングは残したままでその上に直に張る方法としています。



既存フローリングの微妙な水平レベルの調整のために一部
石膏ボンドをコテ押えにて均して使用しています。

25117_20150313132451093.jpg



2015.03.13 | | Comments(0) | WEISS

床レベル補正など


藤沢のマンションリノベーション。
白いドイツ漆喰で壁と天井を塗りこめる予定で、『WEISS』と
呼ぶことにしました。

まだ新しいマンションなのですが、既存床のレベル差がかなりあります。
新しいフローリングを既存フローリングの上に重ね張りするので
そのまま張るわけにもいかず、既存の構成床下地組の調整も出来ない
状況なので、床が下がっているところに薄ベニヤを張ったり削ったりして
床のレベル調整をしてくれています。






2015.03.03 | | Comments(0) | WEISS

床下地の調整


藤沢で始まったマンションリノベーション。
いよいよ大工さんが現場乗り込みです。



まだ新しいマンションながら既存床の不陸が大きくて(床が完全に水平でない)、
どのように下地を調整するかで悩み中です。
今どきの新しいマンションなので床下の空間も広く、専用の金物で床下地は
組まれているのですが、リフォーム時の微調整というのが意外とやりにくそう。

39463.jpg

既存のサッシ枠も取り外して、漆喰壁をそのまま塗りこめる予定です。




2015.02.11 | | Comments(0) | WEISS

藤沢のマンションリノベーション


藤沢市内にて新しくマンションリノベーションの工事が始まりました。
築13年ほどのまだまだ新しい部屋ですが新しく購入されて間取りがかなり
使いにくい面を改善する計画です。



新しいマンションなので何件か手がけたことがある築30年以上のマンションと比較すれば、
当然断熱材は入っているし、床下、天井の空間も十分確保されていて工事は格段に
やり易い構造となっています。

24122.jpg

24120.jpg

あまり見たことがない天井チャンバー方式の給気システムです。
外気を天井裏の空間経由で各部屋に供給する方式でこの方式は
そのまま活かします。外気を吸うせいなのか天井裏が少し汚れていますね。

24123.jpg

当然のように給水給湯はサヤ管ヘッダ方式です。

24119.jpg

新しい建物にも関わらず設備図が入手できず天井裏のダクトルートが
確認できませんでしたが、想定と一部違ったものの大きな問題ではなさそうです。



2015.01.28 | | Comments(0) | WEISS

«  | HOME |  »

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

ミズグチ

名前:ミズグチ

誕生日:1967/7/22

血液型:O

出身地:香川県

性別:男性

職業:建築家

HP:水口建築デザイン室

趣味:音楽、読書、建築探訪、美術館巡り、シーカヤック、フットサル

自己紹介:

建築を創ることの魅力に取りつかれて早幾年。大小様々な建築の設計を経験の後、住宅を創造活動の中心とすべく独立。現在、横浜、湘南方面を中心に全国で活動中。個人の住宅を中心に、いろんな「夢のカタチ」をあちこちに描いてます。


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。